スポンサーリンク

シャー・ルク・カーン ボリウッドとインド映画シリーズ

恋する輪廻 ボリウッド・シリーズ(2) 海外映画レビュー

スポンサーリンク

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム 〜 ボリウッド・シリーズ(2)

[A] 超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております   (1) 

① さっき映画の撮影中に火に囲まれて大騒ぎになったけど、人気の美人女優「シャンティプリヤ」には、もっと大事で重要な秘密にしていることがあった(自分は本当は発表したいのだけど)。

② 他方、最近、人気がぐんぐんと出てきた男優「オーム」。しかし朝、目が覚(さ)める時何やら不思議な夢を見ていたことを思い出していた。ドアの向こうで必死に助けを呼ぶ女性を・・・(彼女は一体何者?)

③ 彼オームは、さらに夢を思い出した。自分が道端に横になって倒れているのを。そしてその前に車と接触したようだと(なぜ?)

 ④ この夢は一体何? 未来の暗示? それとも遠い過去の記憶? 彼は自分の真実をさぐろうと決意する。自分と彼女を再び見つけ出すために・・・。しかし、どこから手をつければ良いのだろうか?

 ⑤ やがて、1つの手がかりが彼の前に提示される。たしか、その女性には『ある建物』の中にいた。そしてそこには、なぜか自分の身元は隠しながらも、彼女と親しく一緒にいる影のように寄り添う1人の男性・・・。その『男性』は何者? その『建物』とはどこにある・・・? 

[B] 本作の主な登場人物    (採番②と③)

① オーム・プラカージュ・マッキージャ(オーム・カプール) : シャー・ルク・カーン(Shar Rukh Khan)、「闇の帝王DON ~ ベルリン強奪作戦」(DONシリーズの2)、「DON 過去を消された男(Don または Don: The Chase Begins Again)」「ラ・ワン(RA・ONE)」、「チェンナイ・エクスプレス ~ 愛と勇気のヒーロー参上 ~(Chennai Express)(ラーフル役)」など多数。

② シャンティプリヤ(サンディ) : ディーピカー・パードゥコーン(Deepika Padukone)、「チェンナイ・エクスプレス ~ 愛と勇気のヒーロー参上 ~(Chennai Express)、ミーナ役」、「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ(CC2C、Chandni Chowk to China)、サキ/ミャオミャオ(Sakhi / Suzy)」、「トリプルX:再起動(xXx: Return of Xander Cage)、チームゴーストの戦闘員、セレーナ・アンガー役」

① 大物プロデューサー、ムケージュ :  アルジェン・ラームパール(Arjun Rampal)、「ラ・ワン(RA・ONE)、ラ・ワン役」。「DON 過去を消された男(Don または Don: The Chase Begins Again)、ジャスジェート・アフジャ役」

② 映画上も私生活上もオームの親友、パップー : シャレーヤス・タルパデー(Shareyas Talpade)。

③ オーム・カプールの父親ラジェ・カプール :  ジャーヴェード・シェイク(Jawed Sheikh)。

④ その妻(ラジェ・カプール夫人)  :  アクサリー・ジョーシー(Asavari Joshi)。

⑤ オーム・プラカージュ・マッキージャの母親、ベラ :  キラン・ケール(Kirron Kher)。「スタローン in ハリウッド・トラブル( Kambakkht Ishq)、ドリー役」。

[C] 本作について

⑥-1 原題は「Om Shanti Om」。ちなみに、主人公とその運命の女性の名前が組み込まれています。

⑥-2 ヒロインを演じたディーピカー・パードゥコーンは、コペンハーゲン(デンマーク)生まれ、本作が新人でながらヒンディー語映画に抜擢されて鮮烈なデビューだった。今では大人気の女優の1人となりました。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シャー・ルク・カーン, ボリウッドとインド映画シリーズ