スポンサーリンク

(広告) Amazon

広告 シーズン1 スパイ大作戦 海外TVドラマ(ハリウッド含む欧米系) 海外テレビドラマ

スパイ大作戦 録音ワイヤーは何処だ! 海外TVドラマ (M:I 〜 S1の9)

スポンサーリンク

TVドラマ  「 Mission: Impossible  」

第(9) 話 原題 「 A Spool There Was 」 です      1960年代〜のアメリカのTVドラマ  

 [A] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章はアレンジしております] 

録音ワイヤーとは、ちょっとちがいますが・・・

(画像は「いらすとや」さんから)

②-1  『IMF(Impossible Mission Force)』のリーダー「ダン・ブリッグス」は車の中などで、例によって(小型テープ・レコーダーなどで)指示と写真を受け取るのがふつう。今回の指令は、「某国に隠されたままになっている『(大事な秘密が記録された)録音ワイヤー』をさがして持ち帰ること!」

②-2a ダンはメンバーを選び、作戦を説明する(今回は2人だけだけど)

②-2b いつものメンバーで「変装の名人 ローラン」と「美女 シナモン」、頭脳の「バーニー」、そして怪力「ウィリー」たちだ。

②-3 今回の任務・・・「某国の秘密の証拠をつかんだ我々のエージェントが湖に消えた・・・彼は殺される直前、それをどこかに隠したのだが・・・その『録音ワイヤー』を探し出して、それを無事持ち帰ること!」だ。

②-4 そこでブリッグスは、「変装の名人 ローラン」と「美女 シナモン」の2人に命じる。他のメンバーは今回は他の任務にでもついているのだろう。

②-5 恋人のふりをして某国に潜入した「カメラマン役 シナモン」と「その恋人役 ローラン」。2人はほどなく『ある場所』にその『録音ワイヤー』があるのを発見。「あった〜!」と喜んだのも束の間、少年が現れ「それ」を持っていってしまう・・・「ああっっ!」シナモンは真っ青に。ローランはあんぐりと口をあけたまま・・・(いかん! 追いかけよう!)

②-6 一方、盗まれた側は秘密警察が血眼(ちまなこ)で「それ」を探していた・・・すると、湖から『何かが結ばれた 風船』が風に乗ってユラユラ・・・「あれを追えっっっ!」・・・彼らは一斉に飛びだしていった!   (今だ! ローランが腰をあげる・・・)

 [C] 第9話の出演  (多少 あいまいです )  IMFのゲスト・メンバーは一番下あたり

③-1 『録音ワイヤー』を見つけた少年 : ?

③-2 その母親(The Mother) : リン・ウッド(Lynn Wood)

画像は「いらすとや」さんから

(今回の、ゲスト参入 )

③-6 『IMF(Impossible Mission Force)』のメンバー  ボート屋のおやじ : ?

 [C] 出演 [ほぼいつものレギュラー陣    〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります] 

(『IMF(Impossible Mission Force)』のメンバー)

④-1 初代リーダー(シーズン1〜2)  ダン・ブリックス : スティーヴン・ヒル(Steven Hill)。声の担当は『若山弦蔵』さん。

④-2 ラバー製のフェイスマスクや特殊メイクを駆使する本職・男優、変装と声色変化(へんげ)を担当。ローラン・ハンド : マーティン・ランドー(Martin Landau) 声担当は『納谷悟朗』さん。シーズン3まで出演で降板

④-3 美貌の女性担当  シナモン・カーター : バーバラ・ベイン(Barbara Bain) 声担当は『山東昭子』さんら。上記2のローラン・ハンド 役のマーティン・ランドーとは、私生活において夫婦。シーズン3までで出演で降板。

④-4 電子・機械工学のエキスパート(現在のTVドラマではよく出るIT担当)。特殊機材・操作・運転手などを担当 バーニー・コリアー : グレッグ・モリス(Greg Morris) 声担当は『田中信夫』さんら。

④-5 重量挙げの元世界チャンピオンで怪力の持ち主。軍人・警察官などに化ける ウィリー・アーミテージ : ピーター・ルーパス(Peter Lupus) 声担当は『小林修』さんら。

③-6 指令の声 (1966〜1973年と新子リーズの1988〜1990年) : ボブ・ジョンソン(Bob Johnson) 声担当は『大平透』さんら複数。『・・・例によって、君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。なおこのテープは自動的に消滅する。(名前)、成功を祈る! 』

 [S] スパイ大作戦 s1  〜 概要 (今までの記事の同様の内容です)

①-1 メンバーのうち、リーダーがシーズン1と2では変わっています。シーズン1は『ダン・ブリックス』役で「スティーヴン・ヒル(Steven Hill)」が演じ、シーズン2からは『ジム・フェルプス(James Phelps, Jim Phelps)』役で「ピーター・グレイブス(Peter Graves)」が演じています。あと、途中でメンバー交代もあります。また、少し間隔を置いて「新スパイ大作戦」が同じリーダー『ジム・フェルプス』で放送されました。

①-2 そういうことで、有名な指令のテープなどのはじまりで「おはよう、フェルプス君!(Good morning Mr.Phelps)」というのは、シーズン2から(シーズン7まで)なのです。シーズン1では、レコードなどの何かの媒体(ばいたい)に録音された声として「おはよう、ブリックス君!」となっているようです。

①-3 リーダー以外のメンバーとしては、シーズン7までずっと同じなのは2人いて、1人は主に電子・機械系担当の「バーニー・コリアー」。演じたのは「グレッグ・モリス(Greg Morris)」。もう1人は筋骨隆々で重量挙げの元世界チャンピオン「ウィリー・アーミテージ」演じたのは「ピーター・ルーパス(Peter Lupus)」で必要な役を演じる時以外は寡黙です。もう1人、メンバーではないけれど「いつも最初に登場する」指令の声を担当していたのは「ボブ・ジョンソン(Bob Johnson)」です。

(DVD BOXの写真を参考に『小物(画像は「いらすとや」さんから)』を足して画像編集で作成)

(前回記事で作成したものを再掲します。DVD BOXの写真を参考に『小物(画像は「いらすとや」さんから)』を足して画像編集で作成)

(広告)

(ご注文の際は日本語字幕か吹き替えかなどの、ご確認をお願いします)

スパイ大作戦 コンプリート・シリーズ [DVD] (色, ドルビー, 吹き替え, 字幕付き)

広告はこちら → https://amzn.to/49AkqXO

以上です。

(DVD BOXの写真を参考に『小物(画像は「いらすとや」さんから)』を足して画像編集で作成)

続きは次回です!

では!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シーズン1, スパイ大作戦, 海外TVドラマ(ハリウッド含む欧米系), 海外テレビドラマ