らるろま 〜 今を最善に楽しく!! Creativity and Imagination in recent life.

らるろま

スポンサーリンク

music おすすめCDアルバム

トニー・ブラクストン 「ラブ・アフェア(TONI BRAXTON)」おすすめCDアルバム (3)

スポンサーリンク

Toni Braxton 〜 「TONI BRAXTON」(つまり、本人の同名アルバム)

[A] Toni Braxton  (トニー・ブラクストン) 

① トニー・ブラクストンは、アメリカのR&Bシンガーです。主に1990年代から活躍し、当時の女性としては非常に珍しい、その渋い「アルトヴォイス」(低音の声)が特徴な、下記②に記載したとおり、非常に人気のあった実力のある女性歌手です。

② 今回の、このデビューアルバム「Toni Braxton」で『グラミー賞』の『最優秀新人賞』と『最優秀女性R&Bボーカル賞』をすぐに受賞しています。プロデューサー陣が当時しっかりと力がある人たちでしたが、新人にとっては極めて異例な受賞だったようです。その後もアルバムを出すたびに『グラミー賞』を受賞して、結果的に、『最優秀女性R&Bボーカル賞』x5回、『第57回(2015年)、(Babyfaceとのデュエット・アルバムの「Love, Marriage & Divorce」で)最優秀R&B(Best R&B Album)アルバム賞』x1回という輝かしいキャリアを持つ女性シンガーです。

③ これだけ輝かしいキャリアの彼女トニー・ブラクストンは困難な時も当然ありながら、それらを乗り越えてきています。最近(2020〜2021年)でも、YouTubeなどではよく登場しています。

 [B] 「TONI BRAXTON 〜 邦題:  ラブ・アフェア」収録曲  (当ブログ記事では、アルバムジャケットの写真などは基本的に掲載しておりません)

(a) 1993年の彼女のデビュー・アルバム。CDの説明には、歌のタイトルの下に小さい文字ですが、「Produced by L.A.Reid, Babyface and Daryl Simmons for Laface Inc. そして Executive Producers : Antonio "L.A" Reid and Kenny "Babyface" Edmonds」とはっきりと書かれています。

(b) そのキーワードとしては、「アントニオ・"L.A."・リード」、「ケニー・"ベイビーフェイス"・エドモンド」、そして「ラフェイス・レコード(LaFace Records 社)」です。

(b) 今回は、持っているCDに、日本語の簡単なこのアルバムの説明と歌詞はついていましたので、かっこ内に邦訳題名を記しておきます。

① Another Sad Love Song   (アナザー・サッド・ラブ・ソング)

② Breathe Again (熱い吐息)

③ Seven Whole Days (愛の一週間)

④ Love Affair (ラブ・アフェア)   ***アルバムの日本語のタイトル曲

⑤ Candlelight  (キャンドルライト)

⑥ Spending My Time With You (ふたりの時間)

⑦ Love Shoulda Brought You Home (ラブ・シュッダ・ブロート・ユー・ホーム)

⑧ I Belong To You (アイ・ビロング・トゥ・ユー)

⑨ How Many Ways (ハウ・メニー・ウェイズ)

⑩ You Mean The World To Me (あなたがすべて)

⑪ Best Friend   (ベスト・フレンズ)

⑫ Breathe Again [Reprise] (熱い吐息 )[リプリーズ]

以上、全12曲です。

では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-music, おすすめCDアルバム

Copyright© らるろま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.