スポンサーリンク

Logic Pro X YouTube コード進行

実践 コード進行 (15) Logicで楽曲制作 50

スポンサーリンク

和音の響き  〜 マイナー(短調)

[A] 前回までの「メジャー」について   「Cメジャー(ハ長調)のダイアトニック・コード(3和音)」

① 今回の動画は(順不同ですが)、以前upした105番と他のものと今回のものを足したものです。説明はそれぞれに現れる小窓に出ることが多いです。今回の動画は(順不同ですが)、以前upした105番と他のものと今回のものを足したものです。説明はそれぞれに現れる小窓に出ることが多いです

②この記事には対応するYouTube動画があります。

(1) YouTube動画タイトル :  「 実践 コード進行  初級編 メジャーからマイナーへ    ( Logic)    152」

(2) 動画のBGMには、SoundCloudへすでにアップしてYouTube動画にもしている曲「iRoha01(2nd edit)」を使用。

③-1 前回までは、メジャー(長調)の音階上にコードを作るということで、初級編「Cメジャー(ハ長調)のダイアトニック・コード(3和音)」を中心にして見てきました

③-2 (1)音階上に3和音を作る、ということで、順番としては

③-3  (2) 初級編なので、選ぶ音階としては、#(シャープ)も♭(フラット)も付かない「ハ長調の音階(C『メジャー・スケール』とも呼ばれる、ドレミファソラシド)」にして、

③-4  (3)3和音は『トライアド』とも呼ばれ、「ドミソ」「レファラ」・・・と3度間隔で音を重ねていく

③-5  (4) 出来上がった3和音は「(ルート音の)ド」から順に番号をふって「I・II・III・IV・V・VI・VII」となる

③-6  (5)a さらにそれは、「コードの種類や音程など」によって「ハ長調の音階上にできるコード」は、

③-7 (5)b 上の「I」から順番におのおの「C」・「Dm」・「Em」・「F」・「G」・「Am」・「Bm♭5」となります

③-8  (6)このできた「ハ長調の音階上にできるコード」のことを『ダイアトニック・コード』といい、当然、7つのコード(和音)でできています

③-9 (7a) この7つのコードに、その前の(4)で出てきたものを合体させると、「I」・「IIm」・「IIIm」・「IV」・「V」・「VIm」・「VIIm♭5」となります。

③-9 (7b)  これを『和音コード(ディグリー・ネーム)』と呼び、「I」から順に1234567と並んでいるので、理解しやすいのでもとても重宝(ちょうほう)します

③-10 以上、(前回までの・・・)、でございました

 

[A] マイナー(短調)音階の上にコード作成

④-1 以上、(前回までの・・・)そして、次回の動画からは、『マイナー(短調)の音階上にコードを作る』という内容に移ります。

④-2 その特徴は、

④-3 コードの種類としては主に『3和音(トライアド)』で、(4和音などは後回しにしますが、    必要な時はその他4和音なども入る予定です)

④-4 そして、『マイナー(短調)の音階上にコードを作る』ということで、まずはCメジャーに対応して、マイナーの基本の1つ『Aマイナー』で進めてまいります

④-5 短音階(『マイナー・スケール』とも呼ばれる)は、「長音階(メジャー・スケール)」と対比すると、長調の6番目の音『ラ』から始まる「ラシドレミファソ」となっています

④-6 そして、『マイナー(短調)の音階上にコードを作る』ということで、まずはCメジャーに対応して、マイナーの基本の1つ『Aマイナー』で進めてまいります

④-7 Aマイナー(Am)の3和音で見ていくと、

④-8 Aマイナー(Am)の3和音で見ていくと、長調の「Cメジャー(C、Cmaj・CM・C△などとも書く)」と比較すると、Amに出てくる音階に出てくる音は「同じ」、その数も「7つ」あって、ただ始まりの音がちかうので並び変わる、ということになります。

④-9 次回からは、『マイナー(短調)の音階上にコードを作る』に入りますが、その進むステップは長調の場合とほぼ同じになりますでしょう

今回は以上です。では!  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Logic Pro X, YouTube, コード進行

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5