スポンサーリンク

5Gについて myイノベーション special イノベーション 一般記事

1G(第1世代)〜4G(第4世代)のreview

2020年1月14日

スポンサーリンク

4Gに代わる新しい次世代の移動通信システム、それが、「5G(第5世代移動通信システム、5th Generation)」。「1G(第1世代)から4G(第4世代)まで」を簡単にreview。

1G

1979年、アナログ方式の携帯電話、つまり、「自動車電話」が開始。これが「国内最初のモバイル通信」で、それは肩にぶらさげるバッグのような「ショルダーホン」(1980年代中頃)につながった。

 2G

1990年代、無線技術の『デジタル化』が進み、デジタル無線による携帯電話システムへ。『小型化』が一層進み、米モトローラ社そしてNTTドコモ社「ムーバ(mova)」へと続いた(1991年)。

このデジタル無線によりデータ通信サービス提供が一段と進み、1999年にはNTTドコモ『iモード』で『メール』サービスなど、『携帯データ通信』がさらに本格化。

3G

国連の専門機関「ITU(International Telecommunication Union、国際電気通信連合)」が、地域単位から世界全体での標準化、すなわち、初の国際水準を進め、加速度的な高速化を推進したのが2001年に登場した3G。

 4G

「1G」では、ユーザーごとに異なる周波数を割り当てる「FDMA」が採用され、それが「2G」では、「TDMA(Time Division Multiple Access 、時間分割多元接続)」という技術が採用された。

同様に、「CDMA(Code Division Multiple Access、符号分割多元接続)」の「3G」から、高速化技術「LTE(Long Term Evolution)」の「4G」へと技術革新とともに移動通信システムは推移してきた。

そのようにして、webコンテンツや動画を基盤とするモバイル端末の空間から、ある意味で、5Gはサービスやトランザクション間の空間を行き来するための走路であるのかもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-5Gについて, myイノベーション, special, イノベーション, 一般記事

Copyright© らるろま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.