スポンサーリンク

Kindle Unlimitedで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

おすすめ本 アクロイド殺人事件 アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー小説(古典) 

スポンサーリンク

アクロイド殺人事件 〜 アガサ・クリスティ 著

「Kindle Unlimited」で読む、アガサ・クリスティの長編推理小説(3)

--------------------お知らせ-------------------

⑦ [本品に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「アクロイド殺し」 名探偵ポワロ(3) 〜 海外TVドラマ

記事のURL : https://gsbyjt-lottalove.com/アクロイド殺し%E3%80%80名探偵ポワロ3%E3%80%80〜%E3%80%80海外tvドラ/

--------------------お知らせの終わり-------------------

① 「Kindle Unlimited」で読む、海外本格ミステリー(古典)。今年2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズの第3作)。

② アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③ 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。

④ ということで、映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2020年12月公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

⑤ [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章はアレンジしております] 

 (a) イギリスはクランチェスター町に近い噂好きの村人たちいる『キングス・アボット村』で次々と謎の事件が起きていた。「フェラス(フェラーズ)夫人」の家から戻ったばかりのアクロイド家の主治医「ジェームズ・シパード(シェパード)医師」は、姉の「カロリン(キャロリン)」から質問攻めにあう(う〜む、かんべんしてくれえ!! 疲れているのだ)。

 (b) しかも、さんざん質問攻めしておいて、姉の「カロリン(キャロリン)」は「自殺にまちがいない」と言い切る(やれやれ!)。 別の件では「ある手紙」がなくなっているというのに・・・(おっっと、みだりに言うなと自分に言い聞かせて口をつむぐ)。

 (c) あやまってカボチャが飛んできた縁(えん)で、最近、この村に引っ越してきたばかりの「エルキュール・ポアロ」氏と出会う。彼の職業は、あの立派な「ひげ」から推測するに、きっと・・・。

⑥ 「アクロイド殺人事件(The Murder of Roger Ackroyd)」  アガサ・クリスティ(Agatha Christie) 著  ( グーテンベルグ21 松本恵子 訳) ちなみに、「グーテンベルグ21」はデジタル書店。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5