らるろま 〜 今を最善に楽しく!! Creativity and Imagination in recent life.

らるろま

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

おすすめ本 エッジウェア卿の死 アガサ・クリスティ著 海外本格ミステリー小説(古典) 

2021年3月16日

スポンサーリンク

エッジウェア卿の死 アガサ・クリスティ 著

「Kindle(含むUnlimited) 」で読む、アガサ・クリスティの長編推理小説(7)

--------------------お知らせ-------------------

⑦ [本品に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル: 「エッジウェア卿の死 名探偵ポワロ(7) 〜 海外TVドラマ」

記事のURL : https://gsbyjt-lottalove.com/エッジウェア卿の死%E3%80%80名探偵ポワロ7%E3%80%80〜%E3%80%80海外tv/

--------------------お知らせの終わり-------------------

① 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズの第7作)。

② アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③ 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

④ ということで、映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

本作について

⑤-1 原題は、「Lord Edgware Dies(アメリカでのTVドラマのタイトルは「Thirteen at Dinner(訳せば、「晩餐の13人」とでもなりましょうか?)」)」。

⑤-2 [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております] 

 [本作の舞台は、いつものようにヘイスティングスが書き始める時からみて、「昨年6月のロンドンのある劇場の場面」からはじまります。]

 (a)  夕食に『サボイホテル』にいったポワロは「2人の女性」に対する『心理学的分析と描写』をヘイスティングスに語って聞かせていた。曰(いわ)く『(1人の女性は)芸術家で商魂たくましく成功すると・・・、もう1人は・・・』と。

 (b) その時、このテーブルのすぐ近くには「男優ブライアン・マーティン」、「(寸劇や人物模写で現在ロンドンで話題の)米国の女優カーロッタ・アダムスと知人男性」、「ウィッドバーン夫妻」と「米国系女優ジェーン・ウィルキンソン(エッジウェア男爵夫人)」らも座っていた。

 (c) やがてその1人ジェーンはポワロに気づくと、「どうしても今、内密にご相談したいことがある、このホテルの3階に私の部屋があるからすぐ来ていただきたい」という。皆は食事中であるしと彼女をひきとめたが、ポワロは話を聞くことは了解する。ヘイスティングスと一緒に彼女の部屋に行ったポワロは、ジェーンから「驚くべき依頼」を受けていた。

 (d) また、ウィッドバーン夫人によれば、カーロッタと一緒にいたのは「かってオックスフォード大学の演劇部で天才のように一番光っていた少年だった」男だという。その頃、『陶器(チャイナ)蒐集家で美術』に没頭している「マートン公爵」は「夢見る修道僧」のような目をして・・・。

⑥ 「エッジウェア卿の死(Lord Edgware Dies)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie) 著  ( グーテンベルグ21 松本恵子 訳) ちなみに、「グーテンベルグ21」はデジタル書店。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

Copyright© らるろま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.