らるろま 〜 今を最善に楽しく!! Creativity and Imagination in recent life.

らるろま

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

おすすめ本 青列車殺人事件 アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー小説(古典) 

2021年3月7日

スポンサーリンク

青列車殺人事件 〜 アガサ・クリスティ 著

「Kindle(含むUnlimited) 」で読む、アガサ・クリスティの長編推理小説(5)

--------------------お知らせ-------------------

⑦ [本品に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル: 青列車の秘密  名探偵ポワロ(5) 〜 海外TVドラマ

記事のURL : https://gsbyjt-lottalove.com/青列車の秘密%E3%80%80%E3%80%80名探偵ポワロ5%E3%80%80〜%E3%80%80海外tvドラ/

--------------------お知らせの終わり-------------------

① 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズの第5作)。

② アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③ 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

④ ということで、映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

⑤ [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております] 

 (タイトルについて) ご承知でしょうが、ヨーロッパにおける『青列車』はパリ(Paris)からマルセイユ(Marseille)経由でニース(Nice)に向かう『夜行列車』で、「ル・トラン・ブルー(le Train Bleu)」、つまり、「ザ・ブルー・トレイン(the Blue Train)」のことです。当時ヨーロッパ随一といわれた豪華列車の中と通過する駅の夜景が今回の小説の主たる舞台になります。

 (a) 財界の巨頭にして、アメリカの石油王にして大富豪「ルーファス・ヴァン・オールディン」にも美しい娘「ルース」がいたが、夫の「デリク・ケタリング」にはずっと煮え湯(にえゆ)を飲ませされつづけてきた。秘書の「ナイトン」のような真面目でよく働く男こそ、女性の夫にふさわしいのにとつねづね思っていた。しかし、近頃ではデリクと遊ぶ「ラ・ローシュ」が、ルースに近づきつつあった。

 (b) ルースは今回の列車の旅にも『その宝石』をもっていこうと思った(私は絶対持っていく! 私の物だもの!!)。そうだ、列車の中の部屋(室)も変わってもらおっと。あの人と近くにいられるように。

 (c) 白髪の男は、セーヌ川をこえた大通りのある家 〜 ヨーロッパの宮廷ばかりではなく、その道の人たちには世界的に名を知られている『パポポラスの店』〜 へと向かった。そこには、一眼で彼の娘とわかる容姿端麗にして美人の「ジア」が黒い目をきらきらさせていた。

 (d) 列車は白煙とともにゆっくりと動き出したが、夜の闇の中には「うごめく影と殺意または愛」があって、誰かの運命は、列車がガタンというごとに変わろうとしていた。というのは、そこには「エルキュール・ポアロ」の姿もあったからだ・・・。

⑥ 「青列車殺人事件(The Mystery of the Blue Train)」、  アガサ・クリスティ(Agatha Christie) 著  ( グーテンベルグ21 松本恵子 訳) ちなみに、「グーテンベルグ21」はデジタル書店。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

Copyright© らるろま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.