スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

象は忘れない アガサ・クリスティ著 ポアロ(32) 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

おすすめ本 象は忘れない  ポアロ(32)   

[A] 「Kindle(含むUnlimited) 」で読むアガサ・クリスティ 〜 ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

[S] 「象は忘れない」 〜 ポワロ(32) : [本作の舞台は、昼食会に参加したオリヴァ夫人から始まります]

①-1  『文学者昼食会』に著名な女流作家、批評家、読む側の人々も出席する中、りっぱな昼食と魅力的な男性2人に囲まれた「アリアドニ・オリヴァ夫人」は、彼らが要領を得た会話というものができるので心から楽しむことができた。「あの女性」が、自分の養子である息子「デズモンド」の結婚のことで、オリヴァ夫人の『名付け子の娘』の「シリヤ・レイヴンズクロフト」について質問するまでは。

①-2 彼女オリヴァ夫人はミステリーの小説家であって、それで世間から人気を得ており、その小説の中の探偵が 難事件でもたちどころに解決するからと言って、それは小説の中の世界だけであった。実際、この『文学者昼食会』に来る前にはお気に入りの「マリア」のアドバイスがあったからこそ『帽子の色』も決められたのである。

①-3 それなのに、それなのに。近づいてきた「あの女性 ミセス・バートン=コックス」は、なんでも知っているのではと『どちらが?』というおそろしい質問を投げかけてきて答えに窮してしまった。たまたま知り合いの「ルイーズ」が助け舟を出してくれたので、逃げ出すように帰るオリヴァ夫人は、車で『あるところ』まで乗せていってもらうことになった。

①-4  約10年以上も昔、ある事件が起きていた。ポワロは、「スペンス元警視」の紹介で当時の担当警視「ギャロウェイ」に会うことに・・・。

[B] 本作の主な登場人物の紹介  (書籍によっては、登場人物の名前に多少の違いがあります)

[本作は、おなじみ「アリアドニ・オリヴァ」と「執事のジョージ」も登場です]

⑦-1  未亡人   : ミセス・バートン=コックス

⑦-2  その養子(息子) :   デズモンド

⑦-3  医師   :   ウィロビー

⑦-4  美容院経営者   :  ミセス・ローズンテル

⑦-5  情報屋(世界中に情報網を持つ探偵で、時にポワロ の依頼も受ける)   :  ミスタ・ゴビー

⑦-6  ミセス・バートン=コックスの養子デズモンドと交際中の、オリヴァの名付け子(娘) : シリヤ・レイヴンズクロフト

⑦-7  その父 :  アリステア

⑦-8  その母 :  マーガレット

⑦-9  その伯母 :  ドロシア・ジャロー

⑦-10  その家庭教師   :  マディ・ルーセル

⑦-11  同家庭教師  : ゼリー・モーラウ 

⑦-12  オリヴァの友人(1)   : ミセス・マッチャム

⑦-13   同(2)  :   ミセス・マーリーン

⑦-14   同(3)   :  ジュリア・カーステアズ

⑦-15  元警視     :      スペンス

⑦-16  当時、事件の担当だった元警視     :      ギャロウェイ

⑦-17 『文学者昼食会』に出かけたために、思いもしない依頼を受けたのでポワロに相談する、馴染(なじ)みの女流ミステリー作家   :     アリアドニ・オリヴァ

⑦-18 その秘書   :     ミス・リヴィングストン

⑦-19 オリヴァ夫人に帽子の相談を受けていろいろアドバイスする女性   :     マリア

[C] お知らせ  (当ブログ内には、この小説の記事に連動している『海外TVドラマ記事』あります

----お知らせ----(対応する記事がまだできていない時は、ブランクです。その時はお手数ですがしばらく経って、もう一度ご覧ください。基本的に小説が先で、TVドラマ分の記事が翌日以降(レンタルDVDなので)少し時間がたってから掲載されます)---------------

② [本作に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「 象は忘れない アガサ・クリスティ著 名探偵ポアロ(32) 海外TVドラマ  」

記事のURL :  https://gsbyjt-lottalove.com/象は忘れない%E3%80%80アガサ・クリスティ著%E3%80%80名探偵ポ/

--------------------お知らせの終わり-------------------

[D] アガサ・クリスティとポワロシリーズ。そして、主な主人公たち(毎回登場するわけではありませんが記載してあります)について。・・・ (ここは毎回の記事内容がほぼ同じですのでスキップ可能です)。

③-1 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズ)。

③-2 アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③-3 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

③-4 映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

[④ 主人公たち]

④-1 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 。

④-2 ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」。時に事件解決のヒントなどを言う。

④-3 ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon)。事件のファイルの整理整頓もきちっとしていて、ポワロ の要請があれば調査にも出かけていきます。

④-4 ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)。なお、警部などの肩書きは小説によって出世などで変化します。ポワロ の能力を高く評価し信頼していて意見はちがってもそれはそれとしてちゃんと彼の話を聞くことが多い。

④-5 ポワロの従僕(TVドラマ版では執事)、ジョージ(George, Laverton West)。

[E] 本作について

⑤-1 原題は「Elephants Can Remember」。

⑤-2 ちなみに、「An elephant(またはElephants) never forgets.」というのもあるらしく「ゾウは決して忘れない」の意で、この原題と同じ意味だと思われますが、他にも重ねた意味がありそうです。

⑤-3 本書の『献辞』は、『モリー・マイヤーズ・・・(中略)・・・お礼に(To Molly Myers ・・・for many kindnesses )』と書かれていますが、特定の人物が誰かはわからないという『短いコメント付き 』の分類だそうです(日吉和子氏のネット上の記事『アガサ・クリスティーの前書き』による)。

⑥ 「象は忘れない(Kindle版)(Elephants Can Remember)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)著 (早川書房 クリスティー文庫 中村能三訳)。なお、『日本語版翻訳権独占』と書かれています。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5