スポンサーリンク

アガサ・クリスティ 名探偵ポワロ 海外テレビドラマ

死者のあやまち アガサ・クリスティ著 名探偵ポアロ(27) 海外TVドラマ

スポンサーリンク

(少し前から記事の構成・順序が変わっています)  名探偵ポワロ(27) 〜死者のあやまち  アガサ・クリスティ著

 [A] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は脚本ではなくアレンジ版です ] (採番は①のサブ連番から)

①-1 えてして肝心な時に『さがしているもの』は見つからないものだ。そればかりじゃない。必要とわかった時には『その人』がいないものだ。ジョージ卿の秘書「アマンダ・ブルイス」は、そんなことを考えながら、ナス屋敷の主「ジョージ・スタッブス卿」の夫人「ハティ」の指に飾られている『緑色の指輪』は彼女には大きすぎると不満げだった(あんな高いものを・・・)。

①-2 いつもボート付き場の舟番「ジョン・マーデル」は何事もよく観察していたので、他人が知らなくてもなんでも知っていた。自分の都合で、勝手に何かの役をおりていまうのはたいてい痛い目にあうものだ。そうは言っても、「マーリーン・タッカー」の場合は、あの女流ミステリー作家の「アリアドニ・オリヴァ」のシナリオによってその役をすることになったのだ。なんたって、今日のナス屋敷での余興(よきょう)のためだ。

①-3  えてして、忘れた頃に何かを思い出すものだ。スタッブス卿の夫人ハティは、『手紙』を読んでいる間に顔色が変わってきた。スタッブス卿は心配になって「どうした?」と聞くとハティは従兄という「エティエンヌ・ド・スーザ」という男が、ヨットで世界中を旅していて、余興(よきょう)の当日頃、ヨットでこちらに来ると手紙に書いていると彼に見せながら、部屋を興奮した様子で出てってしまう。

①-4  あの『占い師』にでも見てもらおうかしら。ポワロ に来てもらって説明したが、アリアドニ・オリヴァは漠然(ばくぜん)として不安だった。(こんな話って本当にありなのかしら?)。完全犯罪なんてほとんどないのだから、余興(よきょう)の殺人事件もきっと・・・。

 [B] このドラマの原作小説の当ブログ内のレビュー記事について(②の連番)

②-(a) 記事タイトル : 「死者のあやまち アガサ・クリスティ著 ポアロ(27) 海外本格ミステリー小説(古典) 」

②-(b) URLはこちら  https://gsbyjt-lottalove.com/死者のあやまち-アガサ・クリスティ著%E3%80%80ポアロ27/

 [C] [ 出演  当作品の主要人物  〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります] レギュラー陣は、該当作に出演かいなかを問わず、この下の項目[D]を参照(内容は同一)ください。 (採番は③〜)、

[本作では、ジョージ・スタッブス卿のナス屋敷を中心に催される『余興(よきょう)の殺人事件』に参加している人々がおもに対象です]

③-1 ナス屋敷の主「ジョージ・スタッブス卿」(Sir George Stubbs)       :      ショーン・パートウィー(Sean Pertwee)。

③-2 その妻「ハティ」(Hattie Stubbs)       :      ステファニー・レオニダス(Stephanie Leonidas)。

③-3 ヨットで世界中を旅しているというハティの従兄「エティエンヌ・ド・スーザ」(Etienne De Souza)   :   エリオット・バーンズ・ウォーレル (Elliot Barnes-Worrell)、「レディ・プレイヤー1(Ready Player One)、Sixer No.1役」。

③-4 ハティの元後見人だが、ナス屋敷の前のオーナー「エイミー・フォリアット」(Mrs. Amy Folliat)     :      シニード・キューザック(Sinéad Cusack)。ちなみに、夫は「ジェレミー・アイアンズ(Jeremy Irons)、運命の逆転(1990年版、Reversal of Fortune)など」、長男は「マックス・アイアンズ(Max Irons)、アガサ・クリスティー ねじれた家(Crooked House)など」。

③-5 ジョージ卿の秘書「アマンダ・ブルイス」(Miss Brewis)       :     レベッカ・フロント (Rebecca Front)。

③-6 隣人の議員、大尉の「ジム・ワーバートン」(Captain Warburton)   :      マーティン・ジャーヴィス(Martin Jarvis)、「ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo)、Birger役」。

③-7 その妻「イニッド」(Mrs. Warburton)       :      R・アイアーズ(Rosalind Ayres)。

③-8 同じく隣人、生物化学者「アレック・レッグ」(Alec Legge)       :     ダニエル・ウェイマン (Daniel Weyman)。

③-9 その妻「サリー」(Sally Legge)      :    エマ・ハミルトン (Emma Hamilton)。

③-10 建築家「マイケル・ウェイマン」(Michael Weyman)    :     ジェームズ・アンダーソン (James Anderson)。

③-11 アリアドニ・オリヴァのシナリオでは、死体役の少女「マーリーン・タッカー」(Marlene Tucker )       :     エラ・ゲラーティ (Ella Geraghty)。

③-12 その妹「ガーティー・タッカー」(Gertie Tucker)       :     エンジェル・ウィットニー (Angel Witney)。

③-13 ボート付き場の舟番「ジョン・マーデル」(John Merdell)    :     サム・ケリー (Sam Kelly)。

③-14 ナスコム署警部「ブランド」(Detective Inspector Bland)       :     トム・エリス (Tom Ellis)、「LUCIFER/ルシファー (Lucifer)、主人公役」。

③-15 ポワロと懇意な女性ミステリー作家「アリアドニ・オリヴァ」(Ariadne Oliver)       :      ゾーイ・ワナメイカー(Zoë Wanamaker)、「 ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)、担当教科は飛行術のロランダ・フーチ役」。

 [D] [ 出演  ほぼいつものレギュラー陣 〜 各話に出てなくとも表記しております 内容は毎回同一ですのでスキップできます(採番は⑤の連番から〜)

⑤-1 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の、名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 : デヴィッド・スーシェ(David Suchet)、「ダイヤルM(A Perfect Murder、1998年マイケル・ダグラス版)、モハメド役」。

⑤-2 ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」 :  ヒュー・フレイザー(Hugh Fraser)、「パトリオット・ゲーム(Patriot Games)、ホームズ卿の秘書ジェフリー役」。

⑤-3 ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon) : ポーリン・モラン(Pauline Moran)。

⑤-4 ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)  : フィリップ・ジャクソン(Philip Jackson)。ちなみに、本作『ビッグ・フォー』での肩書は「警視監(Assistant Commissioner)」である。   

⑤-5 ポワロの執事、ジョージ(George, Laverton West)、なお、ポアロシリーズで計8作に登場、元はエドワード・フランプトン卿に仕えていたとされていて、原作で従僕という役割もTVドラマ上では執事となり、またポワロの信頼厚い、かなりの人物として描かれているようです。 :  デイビット・イェランド(David Yelland)。

[E] 本作の基本情報と関連情報  (⑦の連番)

⑦-1 本作の原題は「Dead Man's Folly」(レンタルDVD 第50巻)。

⑦-2 大富豪のお屋敷が舞台ということで、多くの人間模様が交錯するドラマとなっております。序盤のあたりは、原作小説とほぼ同じ内容で展開していきます。

では!

[記事連番 ポ-27]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アガサ・クリスティ, 名探偵ポワロ, 海外テレビドラマ

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5