スポンサーリンク

海外映画 海外映画 中国・香港・台湾系

ドラゴンゲート 中国・台湾・香港4 海外映画レビュー

スポンサーリンク

副題は   炎の刃

龍門鎮客桟を主な舞台に繰り広げられる武侠時代劇

 [A] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章はアレンジしております] 

本作の原題でもあり舞台として出てきます『龍門鎮客棧』とは? 「龍門鎮」は固有名詞。「客棧」は(日本語読みでは、かくさん、かくざん、きゃくせんと読むのでしょうか? 中国語の発音はkèzhànのようですので・・・クゥー(ァ)ヂァン でしょうか?)」で、これは中国の映画やTVドラマの中で、特に昔の武侠時代劇でよく出てくる言葉ですが、「客桟」とは、(歩いたり馬で来たりと長旅でお疲れでしょう)「宿泊もできます、さあさ、(お酒と)お食事も召し上がれ!」的な、今でいう『宿屋兼食事処』みたいな所です。木造であることも多く、街中であれば、あちこちで繁盛している場所も(映画やドラマの中では)多々あります。本作では特に、砂漠の中にある「客桟」となっています。武侠時代劇では、「砂漠 プラス (2階建ての)客桟」では、建物内外での武力戦が出てくるし時に砂嵐も出現などと予想されるところです。(読み方や発音や意味は、ややあいまいで、まちがいがあったらごめんなさい)。

    [ ユーチューブ(YouTube)予告編 ]

YouTube動画タイトル : 「映画 『ドラゴンゲート 炎の刃』 公式予告」(インターフィルムチャンネル)

①-1 見上げれば『龍門鎮客桟』の旗! やっと着いたわ! 。 一緒に旅する男を殺され自分は負傷した「ショウマン(洛小満)」。その男「ヘイアン(魏平安)」が命の恩人であることから、木々を組み立てた筏(いかだ)のようなベッドを、1人で砂に足をとられるところを引っ張ってきたのだった。重かったし男は気絶中。何度もころんだ。(まいったわ。ここには来たくなかったけれど・・・しょうがない!)とそっと自分の唇を触った。

①-2 やがて気がついたヘイアン(魏平安)。食事のためのテーブルの前に座っていると、2階からは、赤い服の女性「殷清泽)」が、そっと影から監視するように見てる。(のどがカラカラだ)と思った瞬間、若い男が持ってきた。(彼女、ショウマンはどこに行ったのかな? 助けてもらって・・・)。 持ってきてくれた水の前でそれを飲まずにしばしボーとしていていて、これまでのことを思い出した。

①-3 ヘイアンは若い男の盗賊3人組の1人。もちろん食うためにやってただけだ。ある日、旅する男女を狙って砂丘の影に隠れていたが、やがて、そこに、恐ろしい『羅刹(らさつ)族』がやってきて、傷を負った女「ショウマン(洛小満)」が先に逃げ、男が相手をしたが逆に片づけられてしまったのだ。

①-4 砂漠で『羅刹(らさつ)族』に見つかるとたいてい命はなかった。実は彼らは『龍門鎮客桟』を手に入れようと企んでいた。俺たち3人の盗賊が彼らに見つかった時、『羅刹(らさつ)族』の1人が言うには、助かりたければ1人が女を追い助けて『ある場所』を聞き出すまで一緒に行け、そして到着して場所がわかったら合図を上げろ、それまで2人は人質としてここに残す、ただ7日以内にできないと彼ら2人も死ぬのだ、という。

①-5 ただあの時、「ショウマン(小満)」を見つけたが抵抗にあったため「ヘイアン(魏平安)」と彼女はもつれて共に水の中に2人は落ちてしまったのだ。そして、彼女を川の中から救い上げた後、今度は自分が失神してしまっただけだ。・・・落ちたのは水の中だけではなかった(ある場所に行くのが目的などと、もちろん、ショウマンには言えない! 秘密だし・・・それにどうやら俺は彼女のことを・・・)。

①-6 2人でやってきた『龍門鎮客桟』。ここは「オアシスのような 命と愛の場」か? それても「最後の晩餐と死への眠りへと開く扉の場所」か? 残虐な『羅刹(らさつ)族』。仲間2人の命は絶対助ける・・・ここは思ったよりいい所だ・・・やがて奥の大きな机の向こうの大きな「そろばん」の前で1人の男が立ち上がった。「お客さん、どうなさった? 水にも手をつけず・・・」。

 [B] [ 出演    〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります] 

㉚-1 若い男の盗賊3人組の頭、ヘイアン(魏平安) : チョン・チーモン(程启蒙)。

㉚-2 某所から男と逃げてきたが砂漠の中で『羅刹(らさつ)族』の襲撃を受けて逃げた謎の若い女、ショウマン(洛小満) : チェン・スーイー(钱思怡)。

㉚-3 『龍門鎮客桟』の2階から訪れた人を見定める赤い衣装の女(殷清泽) : パン・ヤンフェイ(潘彦妃) 「呪術大戦 陰陽五派 火龍vs白虎(大幻術師) 水を司る流派の日本人美人術師、美智子役」。

㉚-4 『龍門鎮客桟』のその他の人々 :  ? (すみません、確認できませんでした)

  『羅刹(らさつ)族』

㊵-1 頭(かしら)である人物の父親 : ?  (すみません、確認できませんでした)

㊵-2 その息子だが、ある人物の兄弟 : ?  (すみません、確認できませんでした)

 [C] 本作の情報について 

(a) 正式邦題は「ドラゴンゲート 炎の刃」。

(b) 原題は「原題: 龍门镇客棧(英題:Longmen Town Inn)」。2021年中国製作。

(c) DVDレンタルはすでに開始(日本未公開)。

(g) アクションもの(武侠時代劇)で事件がおきますから、DVDレンタルなどの時は年齢制限にご注意ください。

以上です。

続きは次回です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-海外映画, 海外映画 中国・香港・台湾系