スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

マギンティ夫人は死んだ アガサ・クリスティ著 ポアロ(24) 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

おすすめ本 (少し前から記事の構成が変わっています) マギンティ夫人は死んだ  アガサ・クリスティ著 〜 ポアロ(24)

[A] 「Kindle(含むUnlimited) 」で読むアガサ・クリスティ 〜 ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

①-1 「マギンティ夫人は死んだ」 〜 ポワロ(24) : [本作の舞台は、ポワロ に会いにきて、ある事件の再捜査を依頼する、ポワロに絶大な信頼をおいているスペンス警視からが実質的なスタートです]

①-2 「スペンス警視」は、マギンティ夫人を撲殺した容疑で「間借人の男」を逮捕した。本人は当時、すっかり動転していて、くわしい話はできないばかりか服には血がついた跡があり、状況はすべて彼にとって不利なものばかりだったと、スペンス警視は言う。

①-3 ポワロ は、スペンス警視の話を聞いているかぎり、その男「ジェームズ・ゴードン・ベントリー」が「朴訥(ぼくとつ)な好青年」に思えてきた。なにより、ポワロ からすればそう主張する「スペンス警視」が信頼できたからだ。

①-4 しかし、すぐに夫人の家の周辺で聴き取り調査を始めたポワロ の前に現れたのは・・・(なぜ、こんなところで会う? )、かの女流探偵小説作家「アリアドニ・オリヴァ」。今、彼女は新しい戯曲を、マギンティ夫人を雇っていた複数の家の1つ「ローラ・アップワード」の息子「ロビン」と練っているところだった。でも彼女は『私の主人公スヴェン・ヤルセン』はちがうと反駁(はんばく)していたところだった。

①-5 ポワロ は、やがて『郵便局』に向かったが・・・。

[B] 本作の超かんたんな登場人物の紹介  (書籍によっては、登場人物の名前に多少の違いがあります)

[本作では、マギンティ夫人を雇っていた複数の家の家族が登場します。少し多人数です]

⑦-1 64才の掃除婦の未亡人  : マギンティ夫人

⑦-2 その姪(めい) :  ベッシィ・バーチ

⑦-3 ベッシィの夫 :  ジョー

⑦-4 郵便局の女性局員 :   ミセス・スイテイマン

⑦-5 ラバーナムズの未亡人 : ローラ・アップワード  

⑦-6 その息子、劇作家 : ロビン

⑦-7 マギンティ夫人の家を間借りしている男性 : ジェームズ・ゴードン・ベントリー

⑦-8 ロング・メドウズの下宿屋の主人 :  ジョン・サマーヘイズ 

⑦-9 その妻 : モーリン

⑦-10 郵便局の女性局員 :  ミセス・スイーティマン

⑦-11 医師 : ドクター・レンデル

⑦-12 その妻 : シェラア

⑦-13 工業会社の経営者 :  ガイ・カーペンター

⑦-14 その妻 :  イヴ

⑦-15 ブリーザー・アンナ・スカットル商会の女性事務員 :  モード・ウィリアムズ

⑦-16 ポワロ とはなじみの、自分の小説の主人公「スヴェン・ヤルセン」を愛する女流探偵小説作家 : アリアドニ・オリヴァ

⑦-17 ポワロ に事件の再調査を依頼しにきた、あと6か月ほどで『キルチェスター警察』を退職する警視 :  スペンス

[C] お知らせ  (当ブログ内には、この小説の記事に連動している『海外TVドラマ記事』あります

----お知らせ----(対応する記事がまだできていない時は、ブランクです。その時はお手数ですがしばらく経って、もう一度ご覧ください。基本的に小説が先で、TVドラマ分の記事が翌日以降(レンタルDVDなので)少し時間がたってから掲載されます)---------------

② [本作に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「マギンティ夫人は死んだ  アガサ・クリスティ著 名探偵ポアロ(24)~ 海外TVドラマ  」

記事のURL :  https://gsbyjt-lottalove.com/マギンティ夫人は死んだ%E3%80%80%E3%80%80アガサ・クリスティ/

--------------------お知らせの終わり-------------------

[D] アガサ・クリスティとポワロシリーズ。そして、主な主人公たち(毎回登場するわけではありませんが記載してあります)について。・・・ (ここは毎回の記事内容がほぼ同じですのでスキップ可能です)。

③-1 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズ)。

③-2 アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③-3 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

③-4 映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

[④ 主人公たち]

④-1 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 。

④-2 ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」。時に事件解決のヒントなどを言う。

④-3 ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon)。事件のファイルの整理整頓もきちっとしていて、ポワロ の要請があれば調査にも出かけていきます。

④-4 ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)。なお、警部などの肩書きは小説によって出世などで変化します。ポワロ の能力を高く評価し信頼していて意見はちがってもそれはそれとしてちゃんと彼の話を聞くことが多い。

④-5 ポワロの従僕(TVドラマ版では執事)、ジョージ(George, Laverton West)。

[E] 本作について

⑤-1 原題は「Mrs. McGinty's Dead」。このタイトルは子供の遊びからとっているもようです。

⑤-2 本書の『献辞』は、「ピーター・サンダース(Peter Saunders)」に捧げられています。この人はアガサ・クリスティの『戯曲』を上演した際のプロデューサーらしいです(日吉和子氏のネット上の記事『アガサ・クリスティーの前書き』による)。本作では、『女流探偵小説作家アリアドニ・オリヴァ』がある劇作家と自分の小説の主人公「スヴェン・ヤルセン」が登場する戯曲について話すシーンが入っていますので、かなり仕事上親しい間柄であったのたであろうと推察されます。

⑥ 「マギンティ夫人は死んだ (クリスティー文庫) Kindle版(Mrs. McGinty's Dead)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)著 (早川書房 クリスティー文庫 田村隆一訳)。早川書房は日本語版翻訳独占権を持っていると書かれている。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5