スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

その他の書籍

おすすめ本 一ドル銀貨の遺言 ローレンス・ブロック その他の小説

2020年10月26日

スポンサーリンク

ハードボイルド 「一ドル銀貨の遺言」 ローレンス・ブロック著

マット・スカダー・シリーズ 第3作

① アメリカの作家「ローレンス・ブロック( Lawrence Block)、1938〜」は、主にハードボイルド、ミステリーなどの分野の小説を長く発表してきた超人気作家。シリーズ物は他にも、少々コメディタッチの「泥棒バーニー(原題は「Burglars」がよく使われている)」シリーズ、「殺し屋ケリー(原題は「HitMan」がついてるなど)」シリーズ、長短編集など数多くの人気作品で知られている。マット・スカダー・シリーズは、1976年の第1作『過去からの弔鐘(Sins of the Fathers)』から続き、日本でも多くの翻訳本が出版されている。

② 同シリーズ中の映像化作品では、大ヒットした映画「800万の死にざま (8 Million Ways to Die)、1986年、主演ジェフ・ブリッジス(Jeff Bridges)」がある。

③ 当「一ドル銀貨の遺言」は、「MWA(Mystery Writers of America)、アメリカ探偵作家クラブ」とPWA(Private Eye Writers of America)、アメリカ私立探偵作家クラブ」の2つを受賞した作品。

④ [超ミニあらすじ〜 表現は少し変えてあります] ここはNY 、『アームストロングの店』で飲んでいた「私」は、ある電話が気になった。(おや、かかってこないな)。電話はかかってこなかった。(お守りの「古い1ドル銀貨」でもなくしたか? 電話をかけるのを忘れているのか?) 。電話はかかってこなかった。かかってこないはずだ。彼は・・・。

④ 「一ドル銀貨の遺言 (原題 : Time To Murder And Create) ローレンス・ブロック( Lawrence Block) 著」 ( 二見文庫 田口俊樹 訳) 

では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他の書籍

Copyright© らるろま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.