スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) ジョン・ディクスン・カー 海外本格ミステリー(古典)

死者はよみがえる ジョン・ディクスン・カー 著 フェル博士(8) 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

おすすめ本 (新訳版) 死者はよみがえる  ジョン・ディクスン・カー 著 フェル博士(8)

[A] 本作は「新訳版が出版されていたので」通常の本で読むJDC 〜 画像で見ながら超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

①-1 「死者はよみがえる」 〜 フェル博士(8) : [本作の舞台は、あるホテルの事件の一室、そしてある人の屋敷です]

①-2 ロッドの妻「ジョゼフィン(ジェニー)」は、『ある物』を持っていてくれと言う。なぜだかも彼女は言った。今でもはっきりとその言葉は覚えている。『えっ? それがなくなったって、大騒ぎになってて・・・?』。『その人物』はその時、大事な事や物を、一緒に誰かと船で旅する時のように、できれば誰にも言いたくないと思った。

①-3 その時、「リッチー・ベロウズ」は酔っていて、いつの間にやら、今は「サー・ジャイルズ・ゲイ(卿)」の所有となり『四つの扉荘』と呼ばれている屋敷の2階のソファに横たわって寝てしまった。そして、夢か幻か、月光の中、人がそばを通り過ぎていった。その人物は濃い青色の制服に銀・・・『ホテルの案内係』のようだった・・・」、う〜ん、それ以上ははっきりとは思い出せない。

①-4 「リッチー・ベロウズ」の話はさらに続く。。。あとで聞かされた話では、実業家で政治家の「ダニエル(ダン)・リーパー」率いる南アフリカからの『ご一行』が宿泊している時だったらしい。そのご一行は、ダンの妻「メリッタ(メル)」、ダンの姪(めい)の「フランシーン・フォーブズ」、クリスの従兄弟(いとこ)でダンの政治秘書をやっている「ロドニー(ロッド)・ケント」、それから、ダン一家の親友「ハーヴェイ・レイバーン」とか言う男。うん? もう1人? 忘れた・・・かも。

①-5 その頃、ダンとの賭けで南アフリカからロンドンにやっとこさ辿(たど)り着いて、約束の場所『ロイヤル・スカーレット・ホテル』が「作家 クリストファー(クリス)・ケント」の目の前にあった。(1日前だが、やった〜、やったぞ、ついに!) しかし、腹がへった。もうペコリンだ。ホテルは今7階あたりが改装中らしい。と見上げていると、天からの贈り物、ある紙のようなものが落ちてきた。

①-6 (いや、美味しい! じつに美味しい、このベーコンエッグとトーストにコーヒー!!)  クリスは満足気にあたりを見回した。しかし、彼の目に映ったのは、何やらただならぬ雰囲気で彼に近づいてくるホテルの係の姿だった。「え〜と、ちょっとこちらへ来ていただけないでしょうか?」。(これは、まずい! まずい! いや、ここのベーコン・エッグはうまい!)

①-7 「ホール・ボーター」が一緒に来てくださいと言うのは、707号室。『Don't Disturbe(部屋に入・・・)』の札がドアのノブにかかっている。クリスはどきどきしたが、さらにホール・ボーターがさらに言った言葉に驚いて・・・。

[B] 本作の主な登場人物  (書籍によっては、登場人物の名前に多少の違いがあります)  (採番②と③)

いつもの「画像版」はこの下にあります。

②-1 ケントとダンのロンドンでの待ち合わせ場所『ロイヤル・スカーレット・ホテル』の支配人 : ケネス・ハードウィック

②-2 同ホテル、7階の客室(兼リネン室)係 : エリナー・ピーターズ

②-3 同ホテル、707号室に忘れ物をした前宿泊客 :   ミセス・ジョプリー=ダン

②-4 作家 : クリストファー(クリス)・ケント

②-5 南アフリカの実業家で政治家、賭けをするクリスの友人 :  ダニエル(ダン)・リーパー

②-6 その妻 : メリッタ(メル)

②-7 ダンの姪(めい)  : フランシーン・フォーブズ

②-8 クリスの従兄弟(いとこ)でダンの政治秘書 : ロドニー(ロッド)・ケント

②-9 その妻 : ジョゼフィン(ジェニー)

②-10 ダン一家の親友 : ハーヴェイ・レイバーン

②-11 今回一行を自分の『屋敷(四つの扉荘)』に招いたダンの友人。南アフリカ連邦の元次官 :  サー・ジャイルズ・ゲイ(卿)

②-12 事件のある重要な証言をする、『現在のジャイルズ卿の屋敷(四つの扉荘)』の元の持ち主 : リッチー・ベロウズ

③-1 ロンドン警視庁、犯罪捜査部(CID)警視 : デイヴィッド・ハドリー

③-2 ギデオン・フェル博士

[C] 本作について

⑤-1 原題は「To Wake the Dead」。2人の賭けによって始まり、たどり着く謎の殺人事件。犯人は誰で、どうやってそれはなされたのか?

⑥ 「死者はよみがえる (To Wake the Dead)」、ジョン・ディクスン・カー(John Dickson Carr)著 ( 新訳版 創元推理文庫 三角和代 訳 ) 。

[D] フェル博士シリーズ

① ジョン・ディクスン・カー(John Dickson Carr)」の人気作品には、いろいろな主人公(探偵役)が登場します。「アンリ・バンコラン(Henri Bencolin)予審判事」、「ギディオン・フェル(Gideon Fell)博士」、「警視総監直属D3課長マーチ大佐(Colonel March)、主に短編で登場」などです。

② 一方、別名義のカーター・ディクスン(Carter Dickson)で発表した作品では、「通称H・Mこと、ヘンリー・メリヴェール卿(Sir Henry Merrivale)」が主に活躍し、その彼が登場する長編第1作目は「プレーグ・コートの殺人(The Plague Court Murders)」ですが、こちらも人気の主人公です。

③ 現在、このブログでは、『フェル博士』の作品の記事をまず順に続けております。その時点で「Kindle (含むUnlimited)」の本が出ていないなどの事情があれば、記事の枠だけ作ってスキップして次の作品に進み、後でKindle版が出てきた場合は、順番は後になりますが、いつか記事にする予定ではいます。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), ジョン・ディクスン・カー, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5