スポンサーリンク

ブルース・ウィリス関連 海外映画 海外映画(ハリウッド含む欧米系) 海外映画と海外TVドラマ

隣のヒットマン ブルース・ウィリス・シリーズ2 海外映画レビュー 

スポンサーリンク

B・ウィリス・シリーズ2

 [A]  隣のヒットマン 一口メモ 〜 痛快コメディの1と続編2『 隣のヒットマンズ  全弾発射』を合わせて

⑧-1『隣のヒットマン(The Whole Nine Yards)』 : 日本でもけっこう人気のコメディ&クライム映画。歯医者の隣に凄腕の殺し屋が引っ越してきた! さらに彼の奥さんもからんで・・・。Bウィリスは殺し屋チュデスキ役。共演も有名な男優・女優陣です。またストーリーもシンプルで十分楽しめる内容になっています。ところどころ少し大人向けですので、レンタルDVDなどでは年齢制限にご注意ください。

⑧-2  原題は、(1)「隣のヒットマン」が 「The Whole Nine Yards」。続編(2)は「隣のヒットマンズ  全弾発射」で、「ズ」がついて複数形みたいで原題は「The Whole Ten Yards」で「nine(9)」から「ten(10)」に増えております。この(1)の方の原題『The Whole Nine Yards』はネットの辞書などでは「全部まとめて、ひっくるめて」というアメリカではよく使う英語のイディオムだそうです。これが続編の邦題の「全弾」となっているかもしれません。

⑧-3 (2)の『全弾発射』の方は、(1)のメインキャストは、ほぼその役割ごとまるっと続投していますが、わかりやすいので、観ているかたもまだ観てないかたもさっとストーリーには入っていけるでしょう。

 [B]  あらすじ  (ねたばれなしで。ということで1の方のみ超簡単に)

⑨-1 男が芝刈り機で自宅の庭の手入れをしている。彼は歯科医のニコラス・オゼランスキー、通称「オズ」。だが妻ソフィとは最近うまくいっていない。

⑨-2 ふと視線をとなりに向けると、引っ越しのトラックが着いて業者たちが隣の家の中に荷物を運び入れている。オズは近寄っていきそこにいる男性に話しかける。そして握手・・・その時、歯医者の顔はゆがむ(いつもは患者の顔が苦痛でゆがむのだが)・・・隣に引っ越してきた「その男」の半袖のTシャツからのぞいた腕には「チューリップ」のタトゥーが! チャーリップ? (誰だっけ? 新聞でもでかでかと顔写真が載る契約で殺人を請け負うファミリー御用達のヒットマン!)彼の名はジミー・「チューリップ」・チュデスキ。

⑨-3 妻ソフィも出てきて、彼を見る。タバコをふかしながら言う「あら、素敵!」(何言ってんだ?  ソフィ! とオズは再び顔が固まる! (また、何かよからぬことを考えているんじゃないだろうな?)。ソフィは思った(にぶい男ね。彼を追いかけているっていうファミリーに居場所を教えて大金をもらう。そして、別の殺し屋を雇って・・・う、ううん。なんでもないわ)

⑨-4 ある日オズは、歯科医院にいる美人事務員ジル・セント・クレアをジミーに紹介することに何故かジルとジミーの2人はすぐに互いにひ惹かれあったようだ(スキスキしてる。奥さんはいないのかい、 ジミー?)。

⑨-5 ある日、ジミーの家に行くと背後から見知らぬ大男が。跳ね飛ばされてオズは、ジミーとともに殺し屋に襲われたと恐怖感を覚える。ソフィの差し金か?はたまたファミリーからの追っ手か? ジミーのかってのボスはヤンニ・ゴーゴラックという男。そして、オズはなんの因果かその男のところへ行くことになったのだ。

⑨-6 (ここはシカゴのヤンニ・ゴーゴラックの家だ) オズは家に入るなり頭の中がぐるぐるするのを感じた。足元では3人の子供たちが走り回っていた・・・(そして、とどめだ) 出てきた美人女性を見て動揺。彼女には一度会ったことがある(どこで? 彼女は知らん顔してるぞ。ああ、なんてこと。あの夜! まさかヤンニの奥さん? えらいこっちゃ! ジミー! どうしょう? 。

⑨-7 そこに、にこやかな笑顔の彼女の自己紹介「はじめまして! シンシア・チュデスキです」。「チュデスキ? どっかで聞いたような~?  はい、はじめまして! (あっ、あっ、あ~っ!)」。彼らの足元では3人の子供たちが走り回っていた・・・オズは3度顔と身体が固まるのを感じた(え〜と、ということは・・・あ、あなたがあの「チューリップ男」の?   そんな~!  彼にジルを紹介して今も二人は・・・ああっ、なんてこった! どうしょう? ソフィ〜! だからボクはここに行くのはいやだって言ったんだ) えっ? シンシアさん、なんですって? ジミーのことで相談が・・・?。

 [C]  主な登場人物  (主要キャストは2にも続投なのでこちらも基本1の方だけ)

①⓪-1 通称「オズ(Oz) 。歯科医のニコラス・オゼランスキー(Oseransky) : マシュー・ペリー(Matthew Perry)。

①⓪-2 愛煙家の、オズの妻ソフィ(Sophie) : ロザンナ・アークエット(Rosanna Arquette) 。「 800万の死にざま(8 Million Ways to Die)、サラ役」。ちなみに妹は女優のパトリシア・アークエット(Patricia Arquette)、TVドラマ「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア(Medium)、ヒロインアリソン・デュボア 役」。

①⓪-3 オズの隣家に引っ越してきた、左腕の上腕二頭筋にチューリップのタトゥーの男、ジミー・「チューリップ」・チュデスキ(Jimmy Tudeski) : ブルース・ウィリス(Bruce Willis)。主な作品は下記の項目[G] をご参照ください。

①⓪-4 オズの歯科医院にいる美人事務員ジル・セント・クレア(Jill) : アマンダ・ピート(Amanda Peet)。

①⓪-5 ジミーの信頼のおける相棒のフランキー・フィグズ(Frankie Figs) : マイケル・クラーク・ダンカン(Michael Clarke Duncan)。「アルマゲドン(Armageddon)、ジャイティス役。ブルースと共演」、 「 シン・シティ(Sin City)、EP2のマヌート役。ブルースと共演」。

①⓪-6 ジミーのかってのボス、ヤンニ・ゴーゴラック(Janni Gogolak) : ケヴィン・ポラック(Kevin Pollak) 。「ユージュアル・サスペクツ (The Usual Suspects)、トッド・ホックニー役」。

 [D]  ブルース・ウィリス 〜 一口メモ

みなさまも、すでにニュースなどでご承知かと思いますが、ハリウッドのTVドラマや映画スターの「ブルース・ウィリス(Bruce Willis)氏が俳優から引退する」と発表しています。そこでこのブログでは海外映画の記事もよく書いておりますので、ここでは、少し彼の足跡(そくせき)をたどってみようかと思います。

① ブルース・ウィリス(Bruce Willis)氏は、1955年3月に生まれ、いくつかの職についた後に俳優となりました。人気が出たのは、シビル・シェパード(Cybill Shepherd)主演『こちらブルームーン探偵社』です。探偵事務所の美人社長マデリーン(マディ)・ヘイズのもとで働く探偵デイヴィッド・アディスン役でした。アメリカでは、ABC TVで1985〜1989年まで、日本ではNHKで、1986年より全55話が放送されました(吹替版)。吹替を担当したのは最初は萩島真一氏からでした。萩島真一氏もまたTVで活躍されている男優さんです(TVドラマ『本陣殺人事件(古谷一行版金田一耕助の横溝正史シリーズ)』など)。このTVドラマで本当に一躍スターになりました。その後、ブルースの吹替は何人もの方がされています。

② その後は、『ダイ・ハード』シリーズ、『フィフス・エレメント』、『アルマゲドン』、『スリー・リバーズ』、『シックス・センス』、『隣のヒットマン』シリーズ、『シン・シティ』、『LOOPER/ルーパー』など、非常に多くの作品に出演し、ハリウッドのトップ男優の1人になっていました。

③ 私生活においては(といっても、ネットのニュースからばかりですが)、女優デミ・ムーア(Demi Moore)と結婚しました。両者の共演作もあります。2人はその後離婚しましたが、ブルース・ウィリスは2009年エマ・ヘミング(Emma Heming)と再婚しています。IMDBによれば、エマさんはマルタ共和国出身で、世界的なトップ・ファッションモデルの1人で、ブルースの出演した映画の1つ『REDリターンズ(RED 2)』にてケリー(Kelly)役で共演もしている女優、プロデューサーの方のようです。このコロナ禍でも、デミ・ムーアもそれぞれの子供たちも一緒に家で集まってたりして仲良くしている写真がインスタグラムか何かで出ているネットのニュースもあったもようです。

④ 今回の発表を受けて、たぶん、ブルースとエマは、大幅に、しかし、ゆっくりと体調などを回復させるために、少し環境を変えつつ、さらに家族のきずなを強めていく方向にあるのではないかと推察されます。

 [E] 俳優引退の経過 (ネットの各社のニュースから)

④ 先月の3月30日頃、各社のニュースに『ブルース・ウィリスが最近、失語症なので・・・(中略)・・・キャリアから離れる・・・云々』と出ました。キャリアから離れるが映画俳優からの離脱ということのようです。まずは健康回復からということでしょうね。

 [F] 著名な関係者 (主に映画の共演者から)

⑤-0 はっきりと書けるのは、映画の共演者かなと思いましたので、おのおのの映画で代表的な人を1人くらい選んで書いておきます。(男優は青色、女優は赤色です)

⑤-f-1 シビル・シェパード(Cybill Shepherd) : TVドラマ『こちらブルームーン探偵社』で共演。

⑤-f-2 ボニー・ベデリア(Bonnie Bedelia) : 「ダイ・ハード(Die Hard)」シリーズで、ジョン・マクレーンの妻ホリーを演じた。ちなみに、『ホーム・アローン』シリーズで、主人公ケビンを演じたマコーレー・カルキン(Macaulay Culkin)は彼女の甥(おい)。

⑤-f-3 ミラ・ジョヴォヴィッチ (ヨヴォヴィッチ、Milla Jovovich) : 「フィフス・エレメント(The Fifth Element)」で共演。その後「バイオハザード(Resident Evil)」シリーズで主役リー・ルー役。

⑤-m-1 ハーレイ・ジョエル・オスメント(Haley Joel Osment) : M・ナイト・シャマラン(M. Night Shyamalan) 監督のシックス・センス(The Sixth Sense)で、主演のコール・シアーを演じる。他に「フォレスト・ガンプ/一期一会(Forrest Gump)」や「A.I.(A.I. Artificial Intelligence)」にも出演。今回の件では、ハーレイ・ジョエル・オスメントもM・ナイト・シャマラン監督もコメントを発表しているもよう。

⑤-f-4 ナターシャ・ヘンストリッジ (Natasha Henstridge) : 「隣のヒットマン(The Whole Nine Yards)」でシンシアを演じて共演。映画『スピーシーズ(Species)    』シリーズのシルやイブなどを演じた。

⑤-f-5 奥さんのエマ・ヘミング(Emma Heming) : 「RED」の続編『REDリターンズ(RED 2)』でケリー(Kelly)役を演じる。ブルースは元超一流スパイたちの集団のリーダー、フランク・モーゼズ役。IMDBのTriviaには「One of the world's top fashion models.」と書かれている。

 [G] 主な作品   (時系列はバラバラです)

⑥-1『こちらブルームーン探偵社(Moonlighting)』: シビル・シェパード(Cybill Shepherd)主演。探偵事務所の美人社長マデリーン(マディ)・ヘイズのもとで働く探偵デイヴィッド・アディスン役。

⑥-2『ダイ・ハード』シリーズ : 行く先々でトラブルに巻き込まれる「ついてない男」、主人公のNYのジョン・マクレーン警部補役。

⑥-3 『アルマゲドン(Armageddon)』 : 宇宙で発生したある危機という状況下で、宇宙飛行士と親娘を含む地上の関係者たちの息詰まる展開を描く映画。石油会社の3代目社長ハリー・スタンパー役。

⑥-4 『フィフス・エレメント(The Fifth Element)』 : ピラミッドで発見された『謎の5番目のもの』とは? 脱走したカラフルな美女が空を舞うシーンが印象的なSF映画。その女性をひろうタクシー運転手コーベン・ダラス役。

⑥-5『スリー・リバーズ(Striking Distance)』 : ある事件が原因でモーターボートによる河川パトロール任務になった男が、連続殺人事件の謎にのぞむ。トーマス・ハーディ刑事役。

⑥-6『隣のヒットマン(The Whole Nine Yards)』 : コメディ&クライム映画。歯医者の隣に凄腕の殺し屋が引っ越してきた! さらに彼の奥さんもからんで・・・。殺し屋チュデスキ役。原題(9ヤード全部、The Whole Nine Yards)の「nine」は、続編で「ten」になった。

⑥-7 『シックス・センス(The Sixth Sense)』 : 伏線や仕掛けがちりばめられたミステリー&スリラーいっぱいのドラマ。ある少年の得意な眼から見た世界。レストランのテーブルに座る女性の夫マルコム・クロウ役。

⑥-8 『シン・シティ(Sin City)』 : 3つの話からなる豪華俳優陣の出演するコミックの映画化。ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)演じる連続殺人鬼に追われる女性ナンシーを見守る老刑事ハーティガン役。

⑥-9 『LOOPER/ルーパー(Looper)』 : SFアクション&ドラマ。現在と未来の間で悩む殺し屋(通称「ルーパー」、オールド・ジョー役。ジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)が共演。

 [E] その他

この記事は、上記のような理由から、シリーズでいくつか彼の出演作品について記事にしたいと考えての第2弾です。ちなみに第1弾は「こちらブルームーン探偵社」でした。その記事もどうぞよろしくお願いします。

以上です。ではっ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ブルース・ウィリス関連, 海外映画, 海外映画(ハリウッド含む欧米系), 海外映画と海外TVドラマ