スポンサーリンク

reading(読書) カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー フェル博士 海外本格ミステリー(古典)

H・M卿 長編一覧 カーター・ディクスン著 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

H・M卿  〜 カーター・ディクスン(ジョン・ディクスン・カー)

[A] 当ブログで続けてきたカーター・ディクスンの本格ミステリー小説のうち、H・M卿が活躍する長編シリーズの一覧です) Kindleがあまりなく、とびとびで最後まで済んだけどどう2周目に入るかと考えているところ。

H・M卿士が活躍する長編シリーズ一覧 〜「Kindle (含むUnlimited)」で読む

H・M卿の登場がメインの長編の一覧 (5作品ごとに小分けしていますが、記事の見やすさの都合上によるものです)

順番(1-5) タイトル  kindle有無  当ブログ内の記事の有無 その他の情報

(1) プレーグ・コートの殺人  ◯ 有り    別名 : 黒死荘の殺人(原題:The Plague Court Murders) 

(2) 『白い僧院の殺人』 ◯ 有り       雪の中の殺人

(3) 『赤後家の殺人』The Red Widow Murders  x 未        

(4) 『一角獣の殺人』 The Unicorn Murders x 未         

(5) 『パンチとジュディ』The Magic Lantern Murders x 未

順番(6-11) タイトル  kindle有無  当ブログ内の記事の有無  その他の情報

(6) 『孔雀の羽根』The Peacock Feather Murders x 未

(7) 『ユダの窓』 ◯ 有り      密室殺人 The Judas Window

(8) 『五つの箱の死』Death in Five Boxes x 未

(9) 『読者よ欺かるるなかれ』The Reader is Warned x 未 別題 : 予言殺人事件

(10) 『かくして殺人へ』And So to Murder     x 未

順番(11-15) タイトル  kindle有無  当ブログ内の記事の有無  その他の情報

(11) 『九人と死で十人だ』Nine-and Death Makes Ten x 未   

(12) 『殺人者と恐喝者』 Seeing is Believing       x 未

(13) 『仮面荘の怪事件』The Gilded Man x 未 別名 : メッキの神像 

(14) 『貴婦人として死す』She Died a Lady  x 未   

(15) 『爬虫類館の殺人』 He Wouldn't Kill Patience   x 未 別名 : (彼が蛇を殺すはずはない)

順番(16-20) タイトル  kindle有無  当ブログ内の記事の有無  その他の情報

(16) 『青銅ランプの呪』The Curse of the Bronze Lamp  ◯ 有り EQとの対談   

(17) 『青ひげの花嫁』My Late Wives   x 未

(18) 『時計の中の骸骨』The Skeleton in the Clock x 未

(19) 『墓場貸します』A Graveyard to Let x 未      

(20) 『魔女が笑う夜』 Night at the Mocking Widow  x 未  別名:わらう後家

順番(21-23) タイトル  kindle有無  当ブログ内の記事の有無  その他の情報

(21) 『赤い鎧戸のかげで』Behind the Crimson Blind   x 未      

順番(1-5) タイトル  kindle有無  当ブログ内の記事の有無 その他の情報

(22)   『騎士の盃』 The Cavalier's Cup   x 未  H・M卿の最後の事件

記事欄に「x」とあるものは、2022年10月15日現在「Kindle (含むUnlimited)」の対象になるのを待っている状態です。「未」とあるのは、kindleに基づいた記事がなく、仮の記事をupしている場合です。

[S] H・M卿シリーズ について

⑦-1 ジョン・ディクスン・カー(John Dickson Carr)」の人気作品には、いろいろな主人公(探偵役)が登場します。「アンリ・バンコラン(Henri Bencolin)予審判事」、「ギディオン・フェル(Gideon Fell)博士」、「警視総監直属D3課長マーチ大佐(Colonel March)、主に短編で登場」などです。事件が不可能犯罪や密室の場合は、時に「誰がやったか?」よりも「どのようにしてそれらがなされたか?」に重点が置かれる場合があります。

⑦-2 一方、別名義のカーター・ディクスン(Carter Dickson)で発表した作品では、「通称H・Mこと、ヘンリー・メリヴェール卿(Sir Henry Merrivale)」が主に活躍し、その彼が登場する長編第1作目は「プレーグ・コートの殺人(The Plague Court Murders、別名 : 黒死荘の殺人)」ですが、こちらも人気の主人公です。このHMが主人公の場合も、フェル博士登場と同様に、事件が不可能犯罪や密室の場合は、時に「誰がやったか?」よりも「どのようにしてそれらがなされたか?」に重点が置かれる場合があります。

⑦-3 現在、このブログでは、『フェル博士』と『 H・M卿』の長編作品の記事をまず順に続けておりましたが、その時点で「Kindle (含むUnlimited)」の本が出ていないなどの事情があれば、記事の枠だけ作ってスキップして次の作品に進み、後でKindle版が出てきた場合は、順番は後になりますが、いつか記事にする予定ではいます。別途、その際に新訳本などがあればそちらを読むこともあるかもしれません。

⑦-4 この一覧は、参照オンリーです。更新は今のところ予定しておりません。フェル博士の長編シリーズに続いて、「HM卿」の長編シリーズを2022年に続けまして、次は『ノン・シリーズ(つまり単発物)』、『歴史ミステリ』または『予審判事アンリ・バンコラン(Henri Bencolin))シリーズ』のいずれか(または)ランダムに選んで進む予定です。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-reading(読書), カーター・ディクスン, ジョン・ディクスン・カー, フェル博士, 海外本格ミステリー(古典)