らるろま 〜 今を最善に楽しく!! Creativity and Imagination in recent life.

らるろま

スポンサーリンク

名探偵ポワロ 海外テレビドラマ 海外映画と海外TVドラマ

「スタイルズ荘の怪事件」 名探偵ポワロ(1) 〜 海外TVドラマ

2021年1月31日

スポンサーリンク

名探偵ポワロ 〜「スタイルズ荘の怪事件」

[A] 本作の基本情報 〜  クリスティーのミステリー作家<デビュー作>

① シリーズの原題は「Agatha Christie’s POIROT」(1989年〜 英国製作[ロンドン・ウィークエンド・テレビ(London Weekend Television)が主体、日本ではNHKが1990年から吹き替えで放送])

② 本作の原題は「The Mysterious Affair at Styles」(レンタルDVD 第11巻)。

③ 2013年には、原作のほとんど全てを映像化したといわれている当作品シリーズ。しかも原作を基本的に踏襲したといわれており、つらに、登場人物の年齢などを勘案した大人向けムード満点な作りとなっているともといわれている。特にレギュラー陣的な主な登場人物たち(原作小説より登場はかなり多い)の会話のやりとり(特に、ポワロとヘイスティングスとミス・レモンの間とそのリアクションの顔の表情など)が面白い、と「定形化されたパターン」が連続ドラマとしてユニークな点も視聴者の受けていることの1つのようだ。

④ ちなみに、昨年2020年は、クリスティーの生誕130周年であり、本作『スタイルズ荘の怪事件』でデビューしてから「100周年」記念の年で、日本の出版各社も「新訳本」などを発売する動きが活発化しました。

 [B] この原作の日本語訳本の当ブログ内のレビュー記事につきましては、下記をご覧ください

(a) 記事タイトル : おすすめ本 スタイルズ荘の怪事件 アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー小説(古典)

(b) URLはこちら  https://gsbyjt-lottalove.com/スタイルズ荘の怪事件-アガサ・クリスティ%E3%80%80海外/

 [C] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は脚本ではなくアレンジ版です ] 採番は⑦から

⑦ 世界は第一次大戦で疲弊(ひへい)していた。探偵の「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」は戦火のベルギーからイギリスへ疎開し、豪華な屋敷『スタイルズ荘』の女主人「エミリー・イングルソープ」夫人の紹介でとある家に暮らし同郷の人たちと過ごしていた。他方、その夫人の義理の息子「ジョン・カヴェンディッシュ」もまた、戦争で負傷していた旧友の「アーサー・ヘイスティングス(Arthur Hastings)」を訪れて、「ある相談事」があるからとヘイスティングスを屋敷へ招くことになった。

⑧ 屋敷には、ジョンの妻「メアリー」、エミリーの旧友の娘の薬剤師「シンシア・マードック 」らがメイドなどの使用人たちと一緒に住んでいた。ジョンの話によれば「エミリー夫人」は、最近20才ほど年下の「アルフレッド」と再婚したが、「財産目当てだ」とかのうわさも出ている上に、そのせいで屋敷内は不協和音に満ちてきて危険な状況だという。ジョンは(絶対、あの男があやしい!)と思った。ヘイスティングスは(彼に相談すればまちがいない・・・)と思った。

⑨ そんなある夜、『スタイルズ荘』で大きな声が。(「きゃー!!」…ジョンは飛び起き・・・!)

 [D] [ 出演  ほぼいつものレギュラー陣 〜 各話に出てなくとも表記しております   (採番は⑳〜)

⑳ 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の、名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 : デヴィッド・スーシェ(David Suchet)、「ダイヤルM(A Perfect Murder、1998年マイケル・ダグラス版)、モハメド役」。

㉑ ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」 :  ヒュー・フレイザー(Hugh Fraser)、「パトリオット・ゲーム(Patriot Games)、ホームズ卿の秘書ジェフリー役」。

㉒ ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon) : ポーリン・モラン(Pauline Moran)。

㉓ ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)  : フィリップ・ジャクソン(Philip Jackson)。    

 [E] [ 出演  当作品の主要人物  〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります]  (採番は㉚〜)

㉚ 豪華な屋敷『スタイルズ荘』の女主人「エミリー・イングルソープ(Mrs. Inglethorp)」夫人   :  ジリアン・バーグ(Gillian Barge)。

㉛ その義理の息子で、旧友ヘイスティングスと再会の「ジョン・カヴェンディッシュ(John Cavendish)」 :  デビッド・リントゥール(David Rintoul)。

㉜ エミリー夫人の再婚相手、アルフレッド(Alfred)   :  マイケル・クロウニン(Michael Cronin)。

㉝ 近所の農場の未亡人、ミセス・レイクス(Mrs. Raikes) :  ペネロペ・ボーモント(Penelope Beaumont)。

[記事連番 ポ-1]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-名探偵ポワロ, 海外テレビドラマ, 海外映画と海外TVドラマ

Copyright© らるろま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.