スポンサーリンク

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

おすすめ本  メソポタミアの殺人 アガサ・クリスティ著 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

メソポタミアの殺人 アガサ・クリスティ 著 ポアロ(12)

「Kindle(含むUnlimited) 」で読む、アガサ・クリスティの長編推理小説(12) (採番⑦から)

--------------------お知らせ-------------------

⑦ [本作に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「メソポタミア殺人事件 名探偵ポワロ(12) ~ 海外TVドラマ」

記事のURL :  https://gsbyjt-lottalove.com/メソポタミア殺人事件%E3%80%80名探偵ポワロ12%E3%80%80〜%E3%80%80海/ 

--------------------お知らせの終わり-------------------

① 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズの第8作)。

② アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③ 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

④ 映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

[B] 本作について

⑤-1 原題は、「Murder in Mesopotamia」。

⑤-2 『メソポタミア(Mesopotamia)』は、それ自体「2つの川の間」という意味であり、ティグリスとユーフラテスという2つの大きな川に挟まれた肥沃な土地で栄えたところの、最古の世界文明発祥の地である。いくつかの遺跡が現存しているらしい。

⑤-3 メソポタミアと関連づけられてよく出てくるキーワードとしては、「シュメールとアッカド」、「バビロニア」、「トークン(物品の商取引などに使う)」、「大麦」、「(都市名)ウル」、「(目には目を、歯には歯を、の)ハンムラビ(またはハムラビ)法典」、「ギルガメシュ叙事詩とエンキドゥ」、「バビロン捕囚」などがあります。

⑤-4 登場人物のリストの次には「(前略・・・)遺跡調査に(中略)・・・友へ」という『献辞(けんじ)』がささげられている。

む[C] ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

⑧ [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております] 

 [本作の舞台は、メソポタミアの考古学の発掘現場からはじまります。]

㉚-1 発掘調査隊を率いる「エリック・ライドナー 博士」の妻「ルイーズ」は、「壁をひっかき、白いお面をかぶったような人間が窓をコツコツと叩いているような音」で夜半目を覚まして、「キャーッ!!」と叫び声をあげる。看護師「エイミー・レザラン」はルイーズ夫人の身体と精神状態を気にしつつ看病にあたった。

㉚-2 その後、不思議な殺人事件が発生する。旅行中立ち寄った名探偵「エルキュール・ポアロ」と甥を訪ねてきてた「ヘイスティングス大尉」は、地元の「メイトランド」警察署長から協力要請を受けて聞き取りを開始する。そうするとルイーズ夫人は、かねてから奇妙な手紙を受け取っていることが判明する。屋上では、博士の右腕「アン・ジョンソン」が何やら話したい雰囲気だ。「ラヴィニ神父」は今回が初めての参加らしい。

㉚-3 調べれば調べるほど変だった。まるで発掘のように、事件のせいで、時間は過去へと戻り死者が蘇ったのだろうか? ポワロはアメリカに電報をうって『あるスパイ事件』の情報も集め出した。手紙を書いたのは誰なのか?  あの『お面』は誰が? 殺人が起きた部屋を調べても『ドアは1つ』で『鉄格子のはまった窓』しかなく、入るために通らなければならない『中庭』には人がいたし、犯人はどうやって部屋に入り、そして、部屋から(そして)門からも出て行ったのだろうか? そして悲鳴が・・・。

⑨ 「メソポタミアの殺人 Kindle版(Murder in Mesopotamia)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)著 ( グーテンベルグ21 高橋豊 訳) 。ちなみに、「グーテンベルグ21」はデジタル書店。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5