スポンサーリンク

アガサ・クリスティ 名探偵ポワロ 海外テレビドラマ

ハロウィーン・パーティ アガサ・クリスティ著 名探偵ポアロ(31) 海外TVドラマ

スポンサーリンク

名探偵ポワロ(31) 〜 ハロウィーン・パーティ  アガサ・クリスティ著

 [A] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は脚本ではなくアレンジ版です ] (採番は①のサブ連番から)

[S]  本作は[「ウドリー・コモン(Woodleigh Common)」という町で開かれた、ろいろなゲームで楽しむ『ハロウィーン・パーティ』での子供達とその家族たちが中心です ]

①-1  女流ミステリー作家「ミセス・オリヴァ」に呼ばれてやってきた「ポワロ」も、「ジュディス・バトラー夫人」親娘の家に世話になることになった。2人はここ『ウドリー・コモンの町』の『ハロウィーン・パーティ』で起きた事について話し合ったが、ミセス・オリヴァは体調は少し良くないようだった。

①-2  それにしても、バトラー夫人の庭はとても美しかった。そこではジュディスの娘「ミランダ」とも会う機会がありいろいろ話すことができた。彼女は『なんでも打ち明けられる友』にいろいろ話し、そしていろいろなことを知らされていた。この庭の美を支(ささ)えているのは、ポワロ がここへやって来る時に列車の中で反対の席に座ったとても愉快な男、名は「マイケル・ガーフィールド」、仕事は庭をきれいにする仕事の庭師(A landscape gardener)だった。

①-3  その頃、ハロウィーン・パーティー主催者「ロウィーナ・ドレイク夫人」は、その進行にずいぶんと気をもんではいたが、結果としては全ては順調に進んでいるかのように見えた。いろいろなゲームが進む中で、子供たちも熱中して楽しみ出した。ところがそれは見せかけだけで『水面下』では別の流れが起きつつあった。突然の雷とともに出現した魔女のかっこうをした老婆、『わたし見たんです!』という女の子と、それを全否定する周りの者たち。そしてしばらくすると、だれかがいなくなったことに気がつく。

①-4 その頃、ミセス・オリヴァが家の中を歩いていた時、ロウィーナ・ドレイク夫人の横顔を見ることになる。彼女は花いっぱいの花瓶を持ち、それをどこかに運ぼうとしていたが、書斎の中で『何か』を見て絶句したかのように目を見開いて・・・。

①-5 ポワロ はミセス・オリヴァにかわって、いろいろ尋ねて歩いた。レイノルズ夫人の息子でジョイスの兄「レオポルド」は良い腕時計をしていると話しながら気がついた。弁護士の「フラトン」は主張する『あれは偽物・・・』。牧師の「コットレル」は言う『あの人はまるで見てきたかのように言う』。(それにしても「オルガ・セミノフ」はどこに?)。そして、教会のオルガン奏者で教師の「ウィチカー」は、今日も悩み事か『水面(みなも)』を見ていたが、急に顔色が変わって走り出して・・・。

 [B] このドラマの原作小説の当ブログ内のレビュー記事について(②の連番)

②-(a) 記事タイトル : 「ハロウィーン・パーティ アガサ・クリスティ著 ポアロ(31) 海外本格ミステリー小説(古典)」

②-(b) URLはこちら  https://gsbyjt-lottalove.com/ハロウィーン・パーティ%E3%80%80アガサ・クリスティ著/

 [C] [ 出演  当作品の主要人物  〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります] レギュラー陣は、該当作に出演かいなかを問わず、この下の項目[D]を参照(内容は同一)ください。 (採番は③〜)、

[本作では、主に「ウドリー・コモン」という町のある一家の周辺の家族模様や、最後半のポワロの物語に色を添えたと言われているアリアドニ・オリヴァと鋭い人間観察力の持ち主とされている執事のジョージもでます。]

③-1 とても綺麗な庭を持つ家に住む、オリヴァ夫人の友人、ジュディス・バトラー(Judith Butler)       :      アメリア・ブルモア(Amelia Bullmore)。

③-2 その娘、ミランダ(Miranda Butler)      :     メアリー・ヒギンズ (Mary Higgins)。

③-3 ハロウィーン・パーティー主催者、ロウィーナ・ドレイク夫人(Rowena Drake)     :     デボラ・フィンドレイ (Deborah Findlay)。

③-4 その息子、エドムンド(Edmund Drake)     :    イアン・ハラード(Ian Hallard)。

③-5 その娘、フランシス(Frances Drake)       :      ジョージア・キング(Georgia King)。ちなみに、父親は俳優「ジョナサン・ハイド(Jonathan Hyde)、映画ジュマンジ(Jumanji)、父親&ハンターのヴァン・ペルト役」。

③-6 今は亡きドレイク夫人の伯母で、一時期オルガ・セミノの世話を受けていた、ルイーズ・ルウェリン・スマイス (Mrs Llewellyn-Smythe)       :    フィリダ・ロー (Phyllida Law)、「 ()、役」。

③-7 ロウィーナ夫人に、勝手に敷地内に入って来るなと叱られ、ジュディス・バトラー夫人にも煙たがられている風だが彼女の庭も美しくきれいにした、庭師(A landscape gardener)マイケル・ガーフィールド(Michael Garfield)    :      ジュリアン・リンド=タット(Julian Rhind-Tutt)、「(2001年映画版)トゥームレイダー (Lara Croft: Tomb Raider)、ピムズ役」。

③-8 レイノルズ夫人(Mrs Reynolds)       :     ソフィー・トンプソン (Sophie Thompson)

③-9 その娘で、ハロウィーン・パーティーでみんなの前で『何年か前に殺人を見た』と言った、ジョイス(Joyce Reynolds)    :     メイシー・ナイマン (Macy Nyman)。

③-10 その息子でジョイスの兄、レオポルド(Leopold Reynolds)       :     リチャード・ブレイスリン (Richard Breislin)。

③-11 牧師、コットレル(Reverend Cottrell)       :      ティモシー・ウエスト(Timothy Westnd)、「 ジャッカルの日(The Day of the Jackal)、ベルティエ刑事局長(Berthier)役」。

③-12 教会のオルガン奏者で教師、ウィチカー先生(Miss Whittaker)     :     フィネラ・ウールガー (Fenella Woolgar)。

③-13 「コットレル牧師に招かれてチェコ・スロバキアからやってきた」が、未だに行方知れずとなったままの、「ルウェリン・スマイス夫人の世話をしながら勉学などをしていた同居人」オルガ・セミノフ(Olga Seminoff)     :   ベラ・フィラトワ (Vera Graziadei)。

③-14 弁護士、フラトン(Mr Fullerton)       :      エリック・サイクス(Eric Sykes)。

③-15 今は亡き、しかし偽造などに関与していたというような、かってはいろいろ問題があったとされている、フラトン法律事務所の事務員、レスリー・フェリア    :    ?

③-16 ラグラン警部(Inspector Raglan)   :   ポール・ソーンリー(Paul Thornley)。

③-17 ポワロと懇意な女性ミステリー作家「アリアドニ・オリヴァ」(Ariadne Oliver)       :      ゾーイ・ワナメイカー(Zoë Wanamaker)、「 ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)、担当教科は飛行術のロランダ・フーチ役」。

 [D] [ 出演  ほぼいつものレギュラー陣 〜 各話に出てなくとも表記しております 内容は毎回同一ですのでスキップできます(採番は⑤の連番から〜)

⑤-1 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の、名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 : デヴィッド・スーシェ(David Suchet)、「ダイヤルM(A Perfect Murder、1998年マイケル・ダグラス版)、モハメド役」。

⑤-2 ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」 :  ヒュー・フレイザー(Hugh Fraser)、「パトリオット・ゲーム(Patriot Games)、ホームズ卿の秘書ジェフリー役」。

⑤-3 ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon) : ポーリン・モラン(Pauline Moran)。

⑤-4 ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)  : フィリップ・ジャクソン(Philip Jackson)。ちなみに、本作『ビッグ・フォー』での肩書は「警視監(Assistant Commissioner)」である。   

⑤-5 ポワロの執事、ジョージ(George, Laverton West)、なお、ポアロシリーズで計8作に登場、元はエドワード・フランプトン卿に仕えていたとされていて、原作で従僕という役割もTVドラマ上では執事となり、またポワロの信頼厚い、かなりの人物として描かれているようです。 :  デイビット・イェランド(David Yelland)。

[E] 本作の基本情報と関連情報  (⑦の連番)

⑦-1 本作の原題は「Hallowe'en Party」(レンタルDVD 第46巻)。ハロウィーン・パーティは、イギリスでは、11月5日の『ガイ・フォークス・デイ』と並んで、万聖節の前夜祭で、毎年10月31日におこなわれる一大イベントを指す。

⑦-2 ちなみに、何度目かの登場になりますが、本ドラマの脚本担当は「マーク・ゲイティス(Mark Gatiss)」で、本ポワロ シリーズにも出演している他、TVドラマ『シャーロック/SHERLOCK(原題: Sherlock)、ホームズの兄マイクロフト役』などでも出演した。

では!

[記事連番 ポ-31]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アガサ・クリスティ, 名探偵ポワロ, 海外テレビドラマ

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5