スポンサーリンク

アガサ・クリスティ 名探偵ポワロ 海外テレビドラマ

ホロー荘の殺人  アガサ・クリスティ著  名探偵ポアロ(22)〜 海外TVドラマ

スポンサーリンク

(少し前から記事の構成・順序が変わっています)  名探偵ポワロ(22) 〜「ホロー荘の殺人」  アガサ・クリスティ著

 [A] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は脚本ではなくアレンジ版です ] (採番は①のサブ連番から)

①-1 [本作の舞台は、ホロー荘の午餐(ごさん、昼食会)に招かれたところからはじまります ]。

①-2 ポワロ は、『ホロー荘』のごく近くの自身の別荘『レストヘヴン(Resthaven)』にいたことから偶然、『午餐(ごさん、昼食会)』に招かれていたのだった。その頃、女優「ヴェロニカ・クレイ」も『ホロー荘』のごく近くに来ていた。想像力と想像性が心理学と融合しようとしていた。

①-3 実は、早朝『ホロー荘』の女主人「ルーシー・アンカテル」は、いつも鍵をかけて寝ている夫「ヘンリー」の部屋をやりすごして、相談相手として最も信頼している「ミッジ・ハードキャッスル」の部屋を訪れた。悩み事は、『午餐(ごさん、昼食会)』に招いた人たちの間では、「ある人物」のことがやっばり気になる・・・こと。結局、ルーシーはその人の面倒は「ヘンリエッタ」に頼もうと決心した。

①-4 その彫刻家は粘土(ねんど)に力をこめて捏(こ)ねていたが、それはキライな『あるもの』の形になりつつあった。考え事に夢中になって、マッチ箱の横に『イグドラシル』を書いていたが、それは彫刻家ヘンリエッタ・サバナーク自身のサインで『世界樹』のイメージとでも言えるもの(あの人は私より頭が良いとでも言うの? 粘土の中にいれちゃおうかしら?)。

①-5 そして時が満ちて、 銃声が響(ひび)き渡った。皆が何事かと『その現場』にあつまってきた。そこには思いがけない光景と反応があった。やがて、だれかが誰かに何かを言い、何かがプールの中に投げ込まれた。「あっ!!」と言う間もなかった「ポアロ」は、彼らの顔を見回した。そこには死体が横たわっていたからだ。やがて、警察が呼ばれて・・・。

 [B] このドラマの原作小説の当ブログ内のレビュー記事について(②の連番)

②-(a) 記事タイトル : 「ホロー荘の殺人 アガサ・クリスティ著 海外本格ミステリー小説(古典) 」

②-(b) URLはこちら  https://gsbyjt-lottalove.com/ホロー荘の殺人%E3%80%80アガサ・クリスティ著%E3%80%80海外本/

 [C] [ 出演  当作品の主要人物  〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります] レギュラー陣は、該当作に出演かいなかを問わず、この下の項目[D]を参照(内容は同一)ください。 (採番は③〜)、

(登場人物は主に、『ホロー荘』に招かれた人たちです)

③-1 医師、ジョン・クリストウ(John Christow)       :      ジョナサン・ケイク(Jonathan Cake)。

③-2 その妻、ガーダ(Gerda Christow)       :     クレア・プライス (Claire Price)。

③-3 彫刻家、ヘンリエッタ・サバナーク(Henrietta Savernake)     :    メーガン・ドッズ(Megan Dodds)。

③-4 ホロー荘の女主人、ルーシー・アンカテル(Lucy Angkatell)   :      サラ・マイルズ(Sarah Miles)。

③-5 その夫で、行政官のヘンリー・アンカテル卿(Sir Henry Angkatell)       :      エドワード・ハードウィック(Edward Hardwicke)、「 ジャッカルの日(The Day of the Jackal)、Charles Harold Calthrop (クレジットなし)役」、TVドラマ「(1991年、ジェレミー・ブレット版) シャーロック・ホームズ(The Case-Book of Sherlock Holmes)シリーズ、2代目ジョン・ワトソン役」。

③-6 女優、ヴェロニカ・クレイ(Veronica Cray)       :     リゼット・アンソニー (Lysette Anthony)」。

③-7 ルーシーの相談相手でエドワードがお気に入りの、ミッジ・ハードキャッスル(Midge Hardcastle)     :    キャロライン・マーティン(Caroline Martin)。

③-8 ルーシーのいとこで、ヘンリエッタに好意を寄せる、エドワード・アンカテル(Edward Angkatell)       :      ジェイミー・デ・コーシー(Jamie de Courcey)。

③-8 アンカテル家の執事ガジョン(Gudgeon)       :     エドワード・フォックス (Edward Fox)、「 ジャッカルの日(The Day of the Jackal)、正体不明の殺し屋ジャッカル役」、、「ネバーセイ・ネバーアゲイン (Never Say Never Again)、M役」、「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 (Johnny English Strikes Again)、エージェント9(Agent Nine)役」。

 [D] [ 出演  ほぼいつものレギュラー陣 〜 各話に出てなくとも表記しております 内容は毎回同一ですのでスキップできます(採番は⑤の連番から〜)

⑤-1 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の、名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 : デヴィッド・スーシェ(David Suchet)、「ダイヤルM(A Perfect Murder、1998年マイケル・ダグラス版)、モハメド役」。

⑤-2 ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」 :  ヒュー・フレイザー(Hugh Fraser)、「パトリオット・ゲーム(Patriot Games)、ホームズ卿の秘書ジェフリー役」。

⑤-3 ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon) : ポーリン・モラン(Pauline Moran)。

⑤-4 ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)  : フィリップ・ジャクソン(Philip Jackson)。ちなみに、本作『ビッグ・フォー』での肩書は「警視監(Assistant Commissioner)」である。   

⑤-5 ポワロの執事、ジョージ(George, Laverton West)、なお、ポアロシリーズで計8作に登場、元はエドワード・フランプトン卿に仕えていたとされていて、原作で従僕という役割もTVドラマ上では執事となり、またポワロの信頼厚い、かなりの人物として描かれているようです。 :  デイビット・イェランド(David Yelland)。

[E] 本作の基本情報と関連情報  (⑦の連番)

⑦-1 本作の原題は「The Hollow 」(レンタルDVD 第35巻)。

⑦-2 シリーズの原題は「Agatha Christie’s POIROT」(1989年〜 英国製作『グラナダ・プロダクション(ITV)』に変更となり、日本ではNHKが1990年から吹き替えで放送])。なお、本作より製作担当に入ったマーガレット・ミッチェル(Margaret Mitchell)の意向が今後にどう反映していくのかは見てのお楽しみです。主人公ポワロ 役の、デヴィッド・スーシェ(David Suchet)は数回前にすでに、アソシエイト・プロデューサー(associate producer)として制作陣の中に入っていることはみなさまご存知のとおりです。

⑦-3 もう1つ映画(予定)があります。『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』は、2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

では!

[記事連番 ポ-22]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アガサ・クリスティ, 名探偵ポワロ, 海外テレビドラマ

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5