スポンサーリンク

海外映画 海外映画 中国・香港・台湾系

レイジング・ファイア 中国・台湾・香港4 海外映画レビュー

スポンサーリンク

Dイェンの香港警察もの「レイジング・ファイア」

共演に、ニミラス・・ツェー 「レイジング・ファイア

 [A] [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章はアレンジしております] 

    [ ユーチューブ(YouTube)予告編 ]

YouTube動画タイトル : 「ドニー・イェン×ニコラス・ツェー 香港警察アクション大作『レイジング・ファイア』本予告/12.24公開」(ギャガ公式チャンネル)

①-1 香港の新界西部の湾『荃湾(チュンワン、Tsuen Wan)』は、『中環(セントラル)』と『尖沙咀(Tsim Sha Tsui、チム・シャッ・ツイ)』を結ぶ香港最大の鉄道路線『MTR(Mass Transit Railway、エムティーアールの略)荃湾ライン』の終点。今では新しいマンション群がならびつつ新しい家族が入ってきて新しい創造と変化の街であり、空港まででさえD2D(door to door)で約1時間程度という交通の便を誇(ほこ)る。

①-2 1週間前、その『荃湾(チュンワン、Tsuen Wan)』で麻薬取引の現場を押さえるために出動した香港警察の「東九龍警察本部」の「イヴ警部チーム」が、何者かに襲われて8人が死亡(そして、10数人が今もICUにいる)という悲惨な結果を招く。イヴ警部は「ボン警部」が兄とも慕う先輩ベテラン警部。調べれば、そこには情報もれと最近『なぞの覆面男で4人組を率い』てあちこちで暴れている集団がいると判明する。

①-3 そのリーダーシップと厳しい捜査の中でも部下たちを思いやるバランス重視の上司として知られるボン警部は、上層部などからの圧力や『ある種の緩手の指示』にも屈しないし、もし何か重大な規律違反があったりして「ロック警視監」の厳しい査問があったとしてもその人柄からか寛大な処置さえ出そうな人徳の持ち主である。しかし、家に帰れば、妊娠中でまもなく出産予定だ妻「 チン・ラン」と仲睦(なかむつ)まじい。チン・ランは今日も定期検査で医者のところに行ってきたところだ。順調らしい。

①-4 一方、ある家の中で、仲間と食事をしたり身体を鍛えたりしている男たちがいた。統率のとれたしっかりとしたグループのようだ。リーダーの名前は「ンゴイ 」。仲間の名は「チュー(朱)」、「ワー」「チュン(荃)」「チウ(招)」。彼らはまた、「ボン警部」もよく知る仲間だった。

①-5 ある日のあるバレエスクール。出席者たち(大半は親子連れのようだ)に向かって何かを説明している講師らしき女性。その女性の背後から、忍びよる男がいた。髪は振り乱し、顔は恐怖で歪(ゆが)み、首には変なものが、手には・・・(ああっっ!! そっ、それは!) 気づいた出席者たちは一斉に後退り(あとずさり)して「キャ〜〜!!」・・・

 [B] [ 出演    〜  役名や俳優名はややあいまいな場合があります] 

㉚-1 ボン警部 : ドニー・イェン(甄子丹、Donnie Yen)。出演作・主演作は多数なので少しだけ。「(2002年映画版)HERO(英雄)槍のチャンコン(長空)役」、「捜査官X(武俠、Dragon)、リュウ・ジンシー」、「(2010年映画版)イップ・マン 葉問(葉問2)、主役」などなど。 

㉚-2 元ボンの仲間の警察官、ンゴイ : ニコラス・ツェー(謝霆鋒、Nicholas Tse)。もちろん、出演作・主演作は多数なので少しだけ。「(2005年映画版。見てはいませんけれど)西遊記リローデッド(情癲大聖、A Chinese Tall Story)、三蔵法師役」、「孫文の義士団(十月圍城)、阿四役」。ちなみに父親は香港映画界の大御所、プロデューサー・監督・俳優の「パトリック・ツェー(謝賢、Patrick Tse)、チャウ・シンチーの少林サッカー(少林足球)で演じたサッカー界の最高権力者のハン役」など。

㉚-3 内部の問題に対する査問会などで決定を下すロック警視監 : サイモン・ヤム(任達華、Simon Yam)。「アイスマン(冰封俠 重生之門、Iceman)、チョン(元龍)役」など。ちなみに、香港映画とドニー・イェンといえば、このお方という感じの俳優さん。

㉚-4 ボン警部の妻 : チン・ラン(秦嵐、Qin Lan)。

㉚-5 ボン警部を手本としているポウ(宝)警部 : パトリック・タム(譚耀文、Patrick Tam Yiu Man)。「(2005年映画版。見てはいませんけれど)西遊記リローデッド(情癲大聖、A Chinese Tall Story)、暴龍役」

 [C] 本作の情報について 

(a) 正式邦題は「レイジング・ファイア」。

(b) 原題は「火、中国大陸題:怒火・重案 (英語原題 : Raging Fire )」。2020年8月に逝去したベニー・チャン(陳木勝)監督の遺作

(c) 既にご承知のとおり、コロナの影響で公開情報は現時点で判明しているものだけとさせていだきます。2021年の香港・中国合作(日本公開2021年12月、DVDレンタル開始は2022年6月)。

(g) アクションもので事件がおきますから、年齢制限にはご注意ください。

[広告__BRやDVD/本など] 

A済 

以上です。

続きは次回です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-海外映画, 海外映画 中国・香港・台湾系