スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

おすすめ本 死との約束 アガサ・クリスティ著 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

 死との約束 アガサ・クリスティ 著 ポアロ(16)

[A] 「Kindle(含むUnlimited) 」で読む、アガサ・クリスティの長編推理小説(15) (採番⑦から)

----お知らせ----(対応する記事がまだできていない時は、ブランクです。その時はお手数ですがしばらく経って、もう一度ご覧ください)---------------

⑦ [本作に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「死との約束 名探偵ポワロ(16) ~ 海外TVドラマ」

記事のURL :  https://gsbyjt-lottalove.com/死との約束%E3%80%80名探偵ポワロ16%E3%80%80〜%E3%80%80海外tvドラマ/

--------------------お知らせの終わり-------------------

[B] アガサ・クリスティとポワロシリーズについて (ここは毎回の記事内容がほぼ同じですのでスキップ可能です)

① 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズ)。

② アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③ 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

④ 本作は、1988年に「ピーター・ユスティノフ(Sir Peter Alexander Ustinov)」主演、タイトル『死海殺人事件(Appointment with Death)』としてアメリカ製作で映画化されています。

⑤ ちなみに、すでにご存知でしょうが、ヨルダンの古都ペトラ(Petra)遺跡周辺は、1989年公開の「ハリソン・フォード(Harrison Ford)」と「ショーン・コネリー(Sir Sean Connery)」共演の人気シリーズ第3作、映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(Indiana Jones and the Last Crusade)』のロケ地でもありました。

⑥ 映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

[C] 本作について

⑤-1 原題は、「Appointment with Death」。

⑤-2 本書の物語の前に表示される『献辞』は、ペトラ(Petra)旅行の思い出に「リチャードとマイラ・マロック(Richard and Myra Mallock)」に捧ぐと書かれていますが。この2人が誰かは不明のようです。

⑤-3 『ナイルに死す』の直後の長編で、中近東シリーズの長編第3作でもある、といわれているようです。当時、ペトラ古墳のあるヨルダンはイギリス統治下にあったようです。

[C] ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

⑧ [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております] 

 [本作の舞台は、『死海』の南約80kmに位置する、ヨルダンの古都ペトラ(Petra)周辺へと向かう展開です。]

㉚-1  医学士「ミス・サラ・キング」は、ホテルで新聞と雑誌をぼんやり見てた。読んでいたわけではなかった・・・考えこんでいるみたいだった(全体から見れば、調和がとれていないわ・・・どうしてかな?)。

㉚-1 「テオドール・ジェラール博士」は、近くのテーブルに座っていたあるアメリカ人の家族を、鋭い職業的分析をもって見ていた。その家族の中には、天使のような金色を帯びた赤毛をもつ少女と、まるで聖母(せいぼ)を思わせるようなおだやかな顔をした女性もいた(どういうこった?!)。

㉚-1 「エルキュール・ポアロ」の最初の夜は、窓を閉めたことで静けさは守られ、眠りに就こうとしている彼のまわりで漂(ただよ)う、ちょっとした言葉でさえ『死海』の中に沈んでいこうとしていた・・・。

⑨ 「死との約束  (クリスティー文庫) Kindle版(Appointment with Death)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)著 (早川書房 クリスティー文庫 高橋豊 訳)。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5