スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

将棋 旬の話題

竜王戦七番勝負第3局 藤井聡太三冠登場! おうちで将棋観戦4

スポンサーリンク

藤井聡太三冠 将棋タイトル戦  旬の話題  (10/30〜31)  (文中、敬称略)

[A] 秋のタイトル戦 話題の将棋 連戦の道程

① 10月もはやくも終わりに近づきました。将棋の棋戦はこのところ、いろいろと日を置かずに何かがあるという感じで、とてもうれしいですね。10/30からは、大注目の『竜王戦7番勝負第3局』が始まっています。どっちでしょうね? ワクワクしますね。盤上の読みの戦いはもちろん、あいま合間に対局者たちが注文する「食事、デザート、おやつ、飲み物」も写真が出るので、今度は何かな?ととても楽しみです。かって羽生さん(永世7冠)がタイトル戦に登場していた時もしばしば見せる「和の注文」がとても渋くて上手な選択で良かった記憶があります。

②  前回の記事では、藤井聡太さんは『3冠(王位、棋聖、叡王)』になり、かつ、『史上最年少の19歳1カ月で3冠獲得』というところまですでに達して次は4冠という勢いです。将棋界でもAI大活躍の時代だそうですが、前回の記事でも書きましたように、藤井さんはご自分のことを『芸術家・勝負師・研究者では1:2:7と答えている(『文春オンライン』、ネット記事の対談による)』とのことで、将棋のことはあまり詳しくない私たちには、驚かされる言葉でしたね。

③ というわけで、豊島竜王に『藤井聡太3冠(王位・棋聖・叡王)』が挑(いど)む『竜王戦7番勝負第3局』は、今日10/30(土曜日)に『福島県いわき市の雨情の宿』ではじまりました。私はスマホの『読売新聞 竜王戦中継plus』という中継サイトを見ていますが、いろいろな現地の周辺の場所の写真(たとえば『いわき・ら・ら・ミュウ』など)、『1日目 10時のおやつ』や『1日目 両対局者の昼食』、それから、大盤解説者を含めたベテラン棋士や女流棋士や若手棋士さんらの、いわゆる『検討』の形勢判断や駒の働きや王の守備の固さや攻撃陣形の整い方やらを適時な解説そして、や記録を担当する超若手の横顔など、とても楽しい内容で楽しんでいます。

④ 特に、この『藤井聡太3冠(王位・棋聖・叡王)』が、昼食にどんな料理を注文し、飲み物は何なのか? デザートは何で量はどれくらいか? いったいこういう注文には棋士たちのどんなその時の精神状態・形勢判断が反映しつつあるのか? ・・・ 固い話はさておき、 実は「おうちで観戦」という観点で見ているためか、自分も食べたい! どこかで売っているのか?という感覚で最近特に面白く拝見しているところであります。

④-2 17:00頃だったでしょうか、その『中継plus』で『いわきの将棋めしクイズ』という記事がでました。『候補のメニューの中から、両者の2日目午後の注文(豊島竜王は2日目午後のおやつ、藤井三冠は2日目の昼食)を予想』という内容になっております。面白そうですね。記事中に「応募先のリンク」があり「候補の写真付き」であると書いてあります。締め切りは「10/31(日曜日)のAM11:00」となっております。ですから、例えば、豊島さんのは「ジャンボシューとホットティー」とか、藤井さんのは「いわき七浜海鮮丼とお茶」といった回答になるでしょうか? (う〜ん、AIで過去のデータから調べた〜い! )。さきほど候補メニューを見たら、食事もおやつも7種類ずつありました)。

④-3 ちなみに、逆の選択という観点から、『1日目午後のおやつ : 両者は「フェイジョアダルトとフェイジョア生ドーナツ」で、1日目藤井さんのお昼は「 サンシャイントマト香る麓山高原豚ロース勝つカレー」でした。今までの傾向は? 2日目のメニューはどう読めばよいのか?  

⑤ 後手番の竜王の「豊島」さんは、たちあがりの連敗をどうしても止めたいでしょうから何か秘策を準備していることでしょう。藤井さんは、もちろん3つ勝ちたいでしょう。(ドキドキが止まらない戦いですね)。そんな両者が将棋盤の上の空間で、マスクをしているとは言え、自分の駒たちに心の中では『声』も発して会話しつつ手を進めていることでしょう。

⑥ 今回のスケジュールは下記のとおりです。

---- スケジュール(竜王戦七番勝負、相手は豊島将之竜王) ----

(a)第1局10月8〜9日  (東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」) [済みです]

(b)第2局10月22〜23日  (京都府京都市「総本山仁和寺」) [済みです]

(c)第3局10月30〜31日  (福島県いわき市「雨情の宿 新つた」)

(d)第4局11月12〜13日  (山口県宇部市「ANAクラウンプラザホテル宇部」) ・・・七番勝負ですので、先に4勝が必要ですから大注目になるかもしれません。

(e)第5局11月26〜27日  (岡山県倉敷市「円通寺」)

(f)第6局12月4〜5日  (鹿児島県指宿市「指宿白水館」)

(g)第7局12月17〜18日  (山梨県甲府市「常磐ホテル」)
(予定は変更になる可能性があります。『日本将棋連盟』のサイトでご確認ください)。

⑦ 将棋はあまり詳しくはありませんが、今日は1日目ですから18時過ぎくらいでしょうか?お作法もありまして、『封じ手』がお2人のうちどちらか想像もできませんが、明日朝一番の『封じ手封筒』の開封も楽しみです。

⑧ (11/1追記) 10/30夕刻の『封じ手』は、後手の豊島竜王が封じました。翌10/31朝の開封で『3三金』でした。熱戦は続きましたが、藤井聡太3冠が勝って3連勝で、タイトル奪取まであと1勝となりました。すごいですね。

⑨ (11/1追記) 『中継plus』の『いわきの将棋めしクイズ』、当選者の方がどのくらいいらっしゃったのか楽しみです。

以上です。それでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-将棋, 旬の話題