スポンサーリンク

(広告) Amazon

https://gsbyjt-lottalove.com

広告 Kindleで読む おすすめ本 徳川家康 歴史もの

徳川家康 山岡荘八著 歴史文庫(kindle)版 歴史もの(2)

スポンサーリンク

家康の生涯を描く 壮大な人気小説

定番中の定番    全26巻 kindle版

[A] 本書について(概略)     ([C] 出版情報は一番下あたり)

(画像は「いらすとや」さん)

(広告)

(下の画像をクリックすればAmazon商品詳細ページをご覧いただけます)

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫) Kindle版

(これは第一巻だけ。全巻セットは下の方にあります)

(Amazonサイトが正月以来、テキストだけ画像が出てこないので下記のようにurlのみです)

https://amzn.to/3Hl7CrP

①-1  本書は山岡荘八氏の描いた人気の歴史小説(文庫版)です。最近はいろいろな形式があるようですが、kindle版を選んでみました。文庫なので鞄(かばん)に入れて手軽に持ち運びできることから、学生・サラリーマンを問わず、通学通勤で読まれて続けてきた家康物のベストセラー小説です。最初はさらっと読んでいき一度読了したら、また最初から読み直そうとすると結構ボリュームがあって、かといって、途中を飛ばしては何かが抜けてて読めない何度も読みたくなる面白いシリーズ(全26巻)です。

[B] どういう内容?

②-1 出だしから最初の数巻は、生まれてからの幼少時代についてで、概略としては歴史的に有名な、しかし、細かなところは教科書にはない、という内容が出てきて他の歴史書や小説では読めない大変面白い展開となっています。

②-2 戦国時代に生まれた「竹千代(家康の幼名)」は、苦労の多い幼少期を送ります。周囲には後に戦国時代を通じて英雄となる『織田信長』や『武田信玄』、『今川義元』の名前などが出てきます。今では中々想像しにくいですが、勝ったり負けたりの弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)の世界。父親が近隣に勢力拡大で戦っているうちに敗れると、一転して生きるか死ぬかのせまい空間に閉じ込められます(いわゆる、『人質』や『誰かと交換』など)。そういう意味でも「竹千代(家康の幼名)」はハンディキャップいっぱいの苦難なスタート。

②-3 当時の領地の地図などを参考に、フルに想像力を働かせて、戦いの部分では、頭の中で(あるいはPCの中で)CGのように、勢力やら武器(途中から主力となる、ご存じの桶狭間の戦い以降メジャーになった『鉄砲』隊など)で想像したり、図面を書いたりして楽しめます。多少、ながくってこまかい(小牧長久手の戦い)26巻です。

②-4 [この直前の記事と重なりますが・・・] 主な登場人物(その時の事案の関係者として名前だけ出てる場合も含む)は、「今川義元」、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「前田利家」、「石田三成」、「上杉謙信」、「直江兼続」、「武田信玄」、「水野忠政」、「伊達政宗」、「松平広忠・妻の於大(おだい)」、「宇喜多秀家」、「小早川秀秋」、「毛利元就」などなど。

(画像は「いらすとや」さん)

巻物・・・まきもの・・・小牧長久手の戦い?

( Google マップ 秀吉と家康が直接対決「小牧・長久手の戦い」の小牧山の一部は史跡公園、長久手の戦場は「史跡長久手古戦場(古戦場公園)」)

②-5 YouTubeを見てますと、いろいろと歴史上の事物の動画も散見されるようですので、ここではふれませんが、視覚的になってきています。

(広告)

(下の画像をクリックすればAmazon商品詳細ページをご覧いただけます)

徳川家康(26) 立命往生の巻 (山岡荘八歴史文庫) Kindle版

(Amazonサイトが正月以来、テキストだけ画像が出てこないので下記のようにurlのみです)

https://amzn.to/48tCWAH

[C] 出版情報

(ここではkindle版だけを取り上げていますが、いろいろな種類が出版されています)。

「(まとめ買い) 徳川家康 (全26巻) 山岡荘八著  Kindle版 (山岡荘八歴史文庫) 講談社 (1987/10/1) 」

以上です。

では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindleで読む, おすすめ本, 徳川家康, 歴史もの