スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

ごあいさつ コラム 旬の話題

本年をふりかえって 令和4(2022)年 コラム (11)

スポンサーリンク

少しはやいけど  12月15日を過ぎて

[A] ここ1年の経過

①-1 本年の記事の予定というか目標だった、いくつかのシリーズ記事ものも大部分終了してしまい、来年2023のプランに何々をいれようかという時期も近づいてきました。

  広告など

①-2 本年のいくつかのシリーズの主なものとしては、映画では『007ジェームズ・ボンド』、『(突然引退を発表した)ブルース・ウィリス』、TVドラマ物としては『名探偵ポワロ』、『(中国武侠時代劇の第一人者)金庸(きんよう)』、海外ミステリー小説では『ジョン・ディクスン・カー』シリーズとして『フェル博士』、『H・M卿』、そして今ちょうど2、3やっている『アンリ・バンコラン(H・B)』などがありました。

①-3 新しい海外TV連続ドラマでは、中国が大流行の兆しをみせているので、その分が多くなり、変わってハリウッド系は減少しました。すでにお聞きでしょうが、コロナ禍の影響をもろにうけたのは映画館内で多人数で歌って踊る(マサラ上映)などと近年、急激に人気を得てきたインド系なかんずく『ボリウッド映画』でそのダメージはしばらく続きそうです。こればっかりは「リモートやZoom」というわけにいかないのはやむを得ないところです。来年はまた楽しい映画がBlu-rayやDVDで観れることを期待しているところです。

①-4 当然サブスク志向のビジネスで、レンタルDVD側は影響を少なからず影響を受け、すでに某社はレンタルDVD界からの撤退を発表しています。(まあ、そうかもしれません)。

[B] 一般的にはどうなの?  年末年始を迎えて

②-1 現在の時点で、もはや12/15を過ぎたので、日本の社会は『年末年始』に入って、そろそろ「年賀状を準備」という日本風「師走」に向かい出して、「年越しそば」、伝統ともいうべきお正月の「お雑煮、おせちと日本酒やその他の酒類」などという、素敵な和風文化に入る暦の進行となりました。来年1月15日までは、よほどのことがない限りこのようなムード。

②-2 その前には、クリスマス、EVE×3(イヴイヴイヴ・・・と無限に前にもってきていますが)なども盛り上げて、ヴァーチャル空間でのツリーと暖炉の前で、プレゼントを交換し合ったりする。サンタの正体を知らぬ者はいないのだが、秘すれば・・・で長くて大きめの靴下が吊るされて、そこに夢が入る。すでに「子供たちの欲しいものと額」は友達との『今年度クリスマスにおけるプレゼント獲得に対する作戦会議』が開かれ、各子ども、ほぼほぼ両親には伝えているような、ニュースもつい数日前にありました。(私もプレゼント欲しい! 僕は現金がいい! ・・・と大人たちもなんとなく、もう1回生まれ変わりたいと望む季節なのでしょうか? ) 『もう既に大人な子どもたち』はティファニーの店に並ぶのでしょうか?(どこかの予約も入れて・・・海が見える側をお願いします!なんて・・・友人がそう言ってました)。

②-3 クリスマスが終わっても、もはやロマンティック度数が高まっているので、誰かとだれかは、神社でおみくじを引いて新年の愛の決意を確かめるのでしょうか? 最近はリモートかな? その前にみんなでW杯を夜中に観る(・・・う〜、朝4時じゃん! メッシっし!)

[C] ヴァーチャルな空間が・・・

③-1 昨今、YouTubeではVTuberという方々が大変人気でございますようで、典型的ミーハー族で超新しいもの好きな私も、そろそろ、まっできなくてもいいからさ仕組みぐらい理解しておきたいじゃんとつぶやくながら、ふっと気がつけば、映画『アバター2』が12/16に日本公開とネットの情報。そういう潮流なのでありましょう、きっと。えっ『じゃんた・・・』・・・おもしろくてやめられないです。(実は、ここのブログでちょこっとシリーズ化しているのでございます。VRoid Studioを使って3Dキャラクターの作成の操作手順とか)。

③-2 ということで?、とりとめのない話ばかり、年内もう少しになりましたが、楽しく記事を書いていきたいと密かに思っておりますので、こりずにお付き合いお願い申し上げます。

続きは次回です!

以上です では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ごあいさつ, コラム, 旬の話題