スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

将棋と囲碁 旬の話題

藤井聡太四冠 渡辺明王将(三冠)と七番勝負で五冠への挑戦始まる おうちで将棋観戦7

スポンサーリンク

藤井聡太四冠 将棋タイトル戦  旬の話題  (1/22〜)  (文中、敬称略)

[A] 2022年初めのタイトル戦 話題の将棋  〜 ALSOK杯王将戦七番勝負(1/9開始)

① 年が明け、令和4(2022)年。その1月の本局は七番勝負の第二戦です。この直前の竜王戦と同様、先に4勝が必要ですから大注目になるでしょう。しかも1 /9〜10日に静岡県掛川市で行われた第1戦はすでに藤井四冠が先手(振り駒だったもよう)で先勝しています。

② この注目の1つとしての『史上最年少で五冠という記録』がかかっているようです。まさに棋界をとりまく世界は静かに、冬の真っ最中でありながら、しかし熱く盛り上がってきております。

③ まっ、そういう高いレベルの戦いのことはわからぬ私は、相変わらず、1日目午前・正午・午後と2日目朝の封じ手開封などの進行はもちろん、両対局者の『おやつと食事や飲み物』の注文とその写真の方も楽しみであります。近くのスーパーで似たようなものが売っていたらきっと買い込むでありましょうが。スマホの『中継ブログ』もあり、また『棋譜(つまり、ほぼリアルタイムでの差し手)を見る』というのも、スマホのサイトで見れるので楽しみにして何かをしながら横目で見たりしています。

[B] 本年1月9日開始の「ALSOK杯王将戦 七番勝負」のスケジュール

⑧ 今回の七番勝負スケジュールは下記のとおりです。

---- スケジュール(七番勝負、相手は渡辺明王将(三冠、名人、棋王のタイトルも保持) ----

(a)第1局 令和4(2022)年1月9〜10日  : 静岡県掛川市『掛川城内 二の丸茶室』(振り駒で先手は藤井四冠)で、藤井四冠の勝ち (1勝0敗) 。ちなみに、封じ手は藤井四冠で『3五歩』でした。

(b)第2局1月22〜23日(土・日) : 大阪府高槻市「山水館」藤井四冠の勝ち (2勝0敗) 。ちなみに、封じ手は後手の藤井四冠で『3五銀』でした。(1/23更新)

(c)第3局1月29〜30日(土・日)  : 栃木県大田原市「ホテル花月」

(d)第4局2月11〜12日(金祝日・土) : 東京都立川市「SORANO HOTEL」 ・・・七番勝負ですので、先に4勝が必要ですから大注目になるかもしれません。

(e)第5局2月26〜27日(土・日) : 佐賀県三養基郡「大幸園」

(f)第6局3月12〜13日(土・日) : 島根県大田市「さんべ荘」

(g)第7局3月26〜27日(金・土) : 新潟県佐渡市「きらく」 
(予定は変更になる可能性があります。『日本将棋連盟』のサイトでご確認ください)。

以上です。それでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-将棋と囲碁, 旬の話題