スポンサーリンク

reading(読書) その他の書籍

おすすめ本 覇王の家 その他の小説(4) 

2020年10月21日

スポンサーリンク

おすすめ本 「覇王の家」  司馬遼太郎 著

徳川300年の礎(いしずえ)を築いた家康が中心

① 幼少期には、大変な苦労もあり人を見る目を持ち戦略もよく知り抜いていて、有能な人材も多く抱えていた家康は、しかし、じっと耐え忍ぶことと待つことから、徐々にその力をつけていったことは市周知の通りであり、戦国時代では戦いの最終列「しんがり」を受け持つこともあって危機的状況にもよく置かれたが、その特徴的な戦力から勝ち抜いて生き残ってきた人であるらしい。

② 現代では中々考えられない状況下に置かれていて、その対応も今とは非常に違うのだけれども、ビジネスに関わる人たちが、好んで読む歴史小説の1つです。

⑤ 「覇王の家」 ( 司馬遼太郎 著 新潮文庫 )[遼太郎の「遼」の字は、しんにょうの上にさらに点がうたれている]

 

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-reading(読書), その他の書籍

Copyright© らるろま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.