スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

おすすめ本 ナイルに死す アガサ・クリスティ著 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

 ナイルに死す アガサ・クリスティ 著 ポアロ(15)

[A] 「Kindle(含むUnlimited) 」で読む、アガサ・クリスティの長編推理小説(15) (採番⑦から)

----お知らせ-------------------

⑦ [本作に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「ナイルに死す 名探偵ポワロ(15) ~ 海外TVドラマ」

記事のURL :  https://gsbyjt-lottalove.com/ナイルに死す%E3%80%80名探偵ポワロ15%E3%80%80〜%E3%80%80海外tvドラマ/

--------------------お知らせの終わり-------------------

[B] アガサ・クリスティとポワロシリーズについて (ここは毎回の記事内容がほぼ同じですのでスキップ可能です)

① 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズ)。

② アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③ 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

④ 映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

[C] 本作について

⑤-1 原題は、「Death on the Nile」。

⑤-2 本書の物語の前に表示される『献辞』は、「シビル・バーネット(Sybil Bennett)」に捧げられている。このシビル・バーネットとはアガサ・クリスティ(以下、アガサ)がある旅行先で知り合い後に友人となった、某空軍少将の奥さんのことらしい。

⑤-3 この献辞の後には、アガサ自身による『著者まえがき』があってこの作品の『読みどころ』を非常に簡単に書いている。つづいて「マシュー・プリチャード」による『「ナイルに死す」によせて』が書かれていて、この時のアガサのことやらこの作品の『読みどころ』をアガサのよりはやや詳しく、しかしシンプルに書いている。このマシュー・プリチャードとは、このポワロの小説シリーズで既に出ているが、アガサ・クリスティの娘「ロザリンド」の息子のことである。

⑤-4 この作品は、あるところでは『中東長編シリーズ』の1つと言われており、その上、旅と冒険とロマンスということで人気の映像化作品ともなり、人気の原作小説の1つとなっています。ポワロは、旧知の英国情報局員「レイス大佐」と再会して、今回のクルーズ船内での事件に2人で対応します。

[C] ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

⑧ [ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております] 

 [本作の舞台は、主にナイル川を航行するクルーズ船の内部です。したがって、今回の状況はエジプトの遺跡の近くですが、いわゆる『船での密室』です]

㉚-1 「ウィンドルシャム卿」は思った(少しぐらい待っても・・・) 。なんとなれば「その女性」はみんなから『若くて、美しくて、大富豪で、そして、欲しいものは何でも手に入れる』と言われているから。しかし、別の「1人の男」は『全財産が・・・鍵・・・』と言った。ある女性は『(人生には運命的な出会いもあるって言うけど)2つとも持っているなんてズルい!!』とため息。

㉚-2 社交界の花形「ジョアナ・サウスウッド」は『私は下り坂の人は好きじゃない・・・この世に、私には敵なんて・・・』と主張。「リネット・リッジウェイ 」はこれから会う「ジャックリーヌ・ド・ベルフォール(ジャッキー)」のことを『カッとして一度ペンナイフで・・・』と笑っていたが2人は遠く離れていても親友だった(彼女の言うことなら何でも聞いてあげたい)。ポワロはレストラン『シエ・マ・タント』で、エジプト行きに胸を踊らせながら食事をしていた(しかし、船は・・・しかも、私のいくところ・・・)。

㉚-3 見た瞬間、電気が走った。(こんなはずではなかった)と思ったのに、その時はもう遅かった。それでそれからすぐに決意した。そして決意したことはすぐに実行に移した。かくしてナイルの上にはピラミッドの不思議な力が働いて三角形が形成されようとしていた・・・。

⑨ 「ナイルに死す〔新訳版〕 エルキュール・ポアロ (クリスティー文庫) Kindle版(Death on the Nile)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)著 (早川書房 クリスティー文庫 黒原敏行 訳)。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5