スポンサーリンク

reading(読書) 海外本格ミステリー小説

おすすめ本 金時計 海外本格ミステリー小説(4)

2020年9月18日

スポンサーリンク

「金時計」ポール・アルテ著

名探偵「オーウェン・バーンズ」シリーズ の第2弾

① 「日本先行発売」と帯にあったので読んでみました。作者の5年ぶりの新作のようですが、1991年と1911年と時をまたいでのモステリー。しかも、大好きな「雪の中の不可能な状況」という設定も出てきます。

② 1901年のロンドン、雨の中で「あるもの」がポケットからすべり落ちて跳ね返り、手を伸ばして拾(ひろ)い上げようとしている女性と、その様子を見ていたある家のある人物。彼らの間には何があったのか?

③ そして、1991年のパリ、ブロンド美人でデザイナーの「セリア・リヴェック」は屋敷の入り口近くで、愛想のよい老婦人の「クリスティーヌ・ティシエ」が近づいてくるのを感じていた・・・「あっ、クモの巣が・・・」。

④ 「金時計 (原題 : La Montre en or ) 」ポール・アルテ(Paul Halter)著 (行舟文化 平岡敦 訳)。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-reading(読書), 海外本格ミステリー小説

Copyright© らるろま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.