スポンサーリンク

https://gsbyjt-lottalove.com

Kindle Unlimitedで読む Kindleで読む reading(読書) アガサ・クリスティ 海外本格ミステリー(古典)

第三の女 アガサ・クリスティ著 ポアロ(30) 海外本格ミステリー小説(古典)

スポンサーリンク

おすすめ本 (少し前から記事の構成が変わっています)  ポアロ(30) 第三の女  アガサ・クリスティ著

[A] 「Kindle(含むUnlimited) 」で読むアガサ・クリスティ 〜 ネタバレなしの超ミニあらすじ〜多少、文章は時間軸も含めアレンジしております

[S] 「第三の女」 〜 ポワロ(30) : [本作の舞台は、ポワロ のマンション、そして女流ミステリー作家アリアドニ・オリヴァの家、ロンドンのとあるマンション、とつづきます。]

①-1 電話の後、 女流ミステリー作家「アリアドニ・オリヴァ夫人」の家に呼ばれて『あつあつの生クリームを浮かべたチョコレート』を飲んでいるうちに、ポワロ のふつふつとあわだった感情は次第に落ち着いてきて、そっと周囲を見渡しているうちに(オリヴァ夫人は最近、部屋の壁紙を変えたようだ)と眼と灰色の脳細胞までいつものように鋭くなってきた。

①-2 新作ミステリー本を渡す約束と電話でその場所を確認してロンドンまで車で向かったオリヴァ夫人は『ボロディン・メゾン67号』を見つけた。腕時計の針は7時ちょっと前だ。私の憎たらしい〜主人公『スヴェン・ヒャーソン』なら、ここでベルを『えいっ!!』と鳴らすわ(あら、リンゴはどこだっけ?)。

①-3 『67号』のドアはすぐに開いて応対に出てきたのは、1人の背の高い女性「クローディア・リース-ホランド」。彼女は「大富豪で実業界の大物、アンドリュウ・  レスタリック」の秘書だ(オリヴァ夫人は思った、どこかで見た・・・)。つづいてキビキビした動作で室内装飾家の「フランシス・キャリィ」が出てきた。(2人目だあぁ!! では、さっそく本題に入らせてもらおうかな?)「それで、ノーマさんは・・・?」。

①-4 その頃、ある噂(うわさ)があった。あのポワロ の前で、オリヴァ夫人が電話した相手によれば、煙のように、アンドリュウの若くて美人の妻「ソニア」夫人の体調が最近どこか少し良くないというのだ。(そうか、と)ポワロはその夜のことを思い出した(あの若い娘が今のアンドリュウとソニア・  レスタリック夫妻の娘「ノーマ」だったのか)。ポワロは眼前の空中に「オフィリア・・・女書生、オーペア・・・1、2、3」と描き出して・・・。

[B] 本作の主な登場人物の紹介  (書籍によっては、登場人物の名前に多少の違いがあります)

[本作は、ノーマの周辺の人たちが登場します。他に、おなじみ「アリアドニ・オリヴァ」と「秘書のミス・レモン」、「執事のジョージ」も登場です]

⑦-1  かっては南アフリカで過ごした大富豪のシティの大立者で実業界の大物    :  アンドリュウ・  レスタリック    

⑦-2  その若くて見事な金髪ですごい美人、近頃体調が少し良くないとの噂の後妻   : ソニア      

⑦-3  その(先妻の)娘、ロンドンで勤務している、『(主に若者が好む、賃貸の家具付きマンションを仲間の何人かで家賃を分担する住み方、現在のシェアに近いかも。セカンド、サード、フォースなどと順番にその同居人を呼ぶようだ)サード・ガール(3番目)』   :      ノーマ

⑦-4  ノーマの男友達    :      ディヴィット・ベイカー

⑦-5  ちょっと耳の遠い天文学者で、名前の後にずらりと軍人としての称号が続く、アンドリュウの伯父(おじ、親の兄)    :  ロデリック・ホースフィールド     

⑦-6  ホースフィールドの屋敷にホームステイして家事の手伝いをしつつ勉学などをする外国人の娘『女書生(オーペア、au pair)』     :    

⑦-7  ロデリック・ホースフィールドの秘書  :   ソニア 

⑦-8  ロンドンのボロディン・メゾン67号にノーマを訪ねたアリアドニ・オリヴァが会った国会議員(MP、Member of Parliament)の娘で、アンドリュウの秘書   : クローディア・リース-ホランド       

⑦-9  ボロディン・メゾン67号でノーマと同室の女性友達で、すらりとした長身で黒髪のきびきびした動作の室内装飾家    :      フランシス・キャリィ

⑦-10  精神科医      :      ジョン・スティリングフリート

⑦-11  主任警部      :      ニール

⑦-12  ノーマにポワロを紹介した馴染みの女流ミステリー作家   :     アリアドニ・オリヴァ

[C] お知らせ  (当ブログ内には、この小説の記事に連動している『海外TVドラマ記事』あります

----お知らせ----(対応する記事がまだできていない時は、ブランクです。その時はお手数ですがしばらく経って、もう一度ご覧ください。基本的に小説が先で、TVドラマ分の記事が翌日以降(レンタルDVDなので)少し時間がたってから掲載されます)---------------

② [本作に関係する、当サイトにTVドラマシリーズでの記事がございます。レンタルDVDでご覧いただけます。]

TVドラマシリーズ記事のタイトル:  「  」

記事のURL :  

--------------------お知らせの終わり-------------------

[D] アガサ・クリスティとポワロシリーズ。そして、主な主人公たち(毎回登場するわけではありませんが記載してあります)について。・・・ (ここは毎回の記事内容がほぼ同じですのでスキップ可能です)。

③-1 「Kindle (含むUnlimited)」で読む、海外本格ミステリー(古典)。2020年、デビュー100周年を迎えた「アガサ・クリスティ(Agatha Christie)」がおくる「(灰色の脳細包)エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)・シリーズ)。

③-2 アガサ・クリスティーは、2020年は生誕130周年でもあったようで、雑誌などで特集されるケースも多いようです。「ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)」などと並ぶ世界有数のベストセラー作家で、「ミステリーの女王(Queen of Crimeなど)」と呼ばれ、イギリス推理作家クラブ(英国推理作家クラブ、The Detection Club)の第4代会長も務めた。

③-3 既にご存知のとおり、小説の中での「ポワロ探偵の特徴」と言えば、『ベルギー人、卵形の頭、灰色の脳細胞、緑色の眼、黒髪も口髭(ひげ)、などなど』。ものごとがきちんと整理・整頓されていないと気になってしかたがない性分のようですが、それが事件解決に役立つことも多々あります。

③-4 映画『ナイル殺人事件(Death on the Nile)』も2021年公開予定(とはいえ、最近はコロナの影響で公開予定が遅れることもあります)。主演と監督は前作『オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express 2017年公開版)』同様、ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh) のもよう。

[④ 主人公たち]

④-1 卵型の頭とひげに特徴のあるベルギー人の名探偵「エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)」 。

④-2 ポワロの良き理解者であり事件の記録を担当している(いわば、ホームズもののワトソン役)、元軍人(大尉)「アーサー・ヘイスティングス(Captain Arthur Hastings)」。時に事件解決のヒントなどを言う。

④-3 ハーブティーをきまった時間に出す、ポワロの有能な秘書、ミス・フェリシティ・レモン(Miss Lemon)。事件のファイルの整理整頓もきちっとしていて、ポワロ の要請があれば調査にも出かけていきます。

④-4 ロンドン警視庁[Metropolitan Police Service(MPS)、通称「スコットランド・ヤード」)の主任警部[Detective chief inspector(DCI)]、ジェームス・ハロルド・ジャップ(James Harold Japp)。なお、警部などの肩書きは小説によって出世などで変化します。ポワロ の能力を高く評価し信頼していて意見はちがってもそれはそれとしてちゃんと彼の話を聞くことが多い。

④-5 ポワロの従僕(TVドラマ版では執事)、ジョージ(George, Laverton West)。

[E] 本作について

⑤-1 原題は「Third Girl」。ちなみに、(a)屋敷にホームステイして家事の手伝いをしつつ勉学などをする外国人の娘『女書生(オーペア、au pair)』や、(b) 本作の中に出てくる言葉としての『サード・ガール(3番目)』とは、『(主に若者が好む、賃貸の家具付きマンションを仲間の何人かで家賃を分担する住み方、現在のシェアに近いかも。セカンド、サード、フォースなどと順番にその同居人を呼ぶ』、したがって「サード・ガール」とは前半部分においては『3番目の主に親ではない同居人』です。両方とも文中で女流ミステリー作家「アリアドニ・オリヴァ」が電話をしながらというスタイルでいろいろとポワロ に説明しています。

⑤-2  本書の『献辞』は、『ノラ・・・(To Norah ・・・)』と書かれていますが名前のみの分類だそうです(日吉和子氏のネット上の記事『アガサ・クリスティーの前書き』による)。

⑥ 「第三の女(Kindle版)(Third Girl)」、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)著 (早川書房 クリスティー文庫 小尾芙佐訳)。なお、『日本語版翻訳権独占』と書かれています。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Kindle Unlimitedで読む, Kindleで読む, reading(読書), アガサ・クリスティ, 海外本格ミステリー(古典)

© 2021 らるろま Powered by AFFINGER5